就職活動中の学生といえば、黒いリクルートスーツが基本の服装ですね。

 

面接の受け答えについてと同じくらい、就活生を悩ませるのが服装問題です。

 

女子学生の場合には、スカートにするかパンツスーツにするか、靴のヒールの高さなどといった細かいところも気になります。

 

なかには面接の内容とは関係ないといわれる会社もありますが、やはり大人としての身だしなみは重要度を占めることは間違いありません。

 

そこで・・・就職活動中の女子の服装やその他の身だしなみについてご説明しますね!

Sponsored Link

 

就職活動における女子の服装・基本はスーツ?

就職活動において、特に服装が指定されていない場合は スーツの上下を着用するのが基本です。

 

色は黒やダークグレー、濃紺などの濃い色で、体に合ったサイズのものを選びましょう。

 

女子に限ったことではありませんが、大き過ぎる、または小さ過ぎるものは不恰好に見えてしまいます。

 

購入の際は、スペシャリストでもある店員さんによく相談してサイズなどを選ぶようにすると間違いも少ないはずです。

 

 

また、女子はスカートでもパンツスーツでも好きな方を選びましょう。

 

スカートの場合は、膝が少し見えるくらいの丈が適しているといわれています。

 

当然、スカートを着用した時には、ストッキングを着用するのがマナーです。

 

ストッキングに破れがないかも確認し、万一に備えて予備を持っておくとよいでしょう。

 

 

パンツスーツの場合は、膝周りにシワが寄りやすいので、その際はアイロンがけをしておきます。

 

パンツスーツの時も、スーツの下にはストッキングを着用しておくことも大切ですね。

 

もし、私服で来社することを指定している企業の場合は、服装や身だしなみも選考の一環になっていることがあります。

 

この場合は、ルーズな格好やカジュアル過ぎるものは避け、ご自身のパーソナリティを表現できる格好で臨みましょう。

 

Sponsored Link

 

就職活動における女子の服装・靴やバッグなどは?

靴は黒いパンプスが基本です。

 

ヒールは太くて安定感があり、高さは3~5センチくらいがいいでしょう。

 

女子の場合、その際かかとに擦れがないかも確認しておきたいですね。

 

 

バッグは、A4サイズが入るものが必要です。

 

就職活動中は書類や手帳など、荷物も多くなりますので、ベルトが太くて丈夫なものが持ちやすいです。

 

革製や布製、ナイロン製でもよいですが、目立ち過ぎる色ものや個性的なデザインは避けるのが無難です。

 


 

就職活動における女子の服装・夏はクールビズでOK?

クールビズの期間の就職活動でも、基本的にはリクルートスーツで面接に行くことになります。

 

ただし、企業側がクールビズでよいと指定している場合は、その指示に従うようにしましょう。

 

女子のクールビズの服装は、ジャケットなしで白や水色などのブラウスと、スーツのスカートまたはパンツです。

 

オフィスカジュアルのような恰好は、避けておいた方がよいですね。

 



 

身だしなみとして、髪型やアクセサリー、汗の対策は?

なるべく清潔感のある髪型を意識します。

 

昔のように、黒髪でなければならないなどという風潮は薄れてきているのは事実ですが、もちろん金髪のような派手な髪色はやめましょう。

 

長い髪を自慢にしている女子も多いですが、まとめた方が表情もよく見えるためスッキリとした印象を与えられます。

 

 

アクセサリーはあえて付ける必要はありません。

 

腕時計などは、派手で個性的なものではなく、社会人として常識の範囲内のものを選んでください。

 

スマホケースなども派手な物は目に留まってしまいますので、避けておいた方がよいかもしれませんね。

 

 

就職活動は、様々な企業を回るため、1日に数件の会社を訪ねたりすることも珍しくありません。

 

歩き回って汗だくの状態では、決していい印象は持たれません。

 

時間に余裕を持って企業に到着し、身だしなみと呼吸を整えてから面接などに臨みましょう。

 

女子の汗の対策としては、デオドラントスプレー汗ふきシートなどを用意しておくと安心ですね。

 

 

新卒採用は、もしかしたらあなたの一生を決めることになるかもしれません。

 

服装などで損をしたり後悔したりすることのないように、気を抜かずに準備することが大切です。

Sponsored Link