ケーキ屋さんで、一番目にする機会の多いショートケーキ

 

イチゴの酸味ともマッチしていて、大好物という人も多いと思います。

 

しかし、ショートケーキの「ショート」とはどういう意味なのか、考えたことはありませんか?

 

それを知るには、名前の由来や語源、発祥はどこなのか、などを知る必要がありそうです。

 

西洋人が作るケーキとは全く異なるという噂もあります。

 

そこで・・・ショートケーキの名前の由来や語源、発祥の地などについてご紹介します!

Sponsored Link

 

ショートケーキの名前の由来!語源は?

そもそもショートケーキの「ショート」は、英語の【short】が使われています。

 

「短い」という意味で知られる単語ですが、他にも「砕けやすい」といった意味があります。

 

初めて作られた頃の生地にはショート二ングが使われており、サクサクとしたクッキーのようなものでクリームとイチゴをサンドしたものでした。

 

これが名前の由来となっており、「サクサクとした生地で砕けやすい」ことが語源とされています。

 

その後、各地に伝わったショートケーキには様々な変化がありましたが、名前だけはそのまま伝わったようです。

 

日本では「カットされているケーキだから…」というイメージもありますよね。

 

しかし、円いホールの状態でも、ショートケーキであることに変わりはありません。

 

Sponsored Link

 

ショートケーキの発祥の由来は?

発祥の地はイギリスとされていますが、その由来についてははっきりわかっていません。

 

16世紀後半、料理本にレシピが掲載されたことで、広まっていったと考えられています。

 

当時のショートケーキは前述した通り、クリームとイチゴをビスケットのような生地で挟んだものでした。

 

少なくとも、これが日本のショートケーキの原型となったものです。

 

ただし、日本だけでなく世界中の様々な地域に広がっていき、その地域の独自性を加えながら変化してきました。

 

アメリカでは生地にムースケーキを使うものもあります。

 

フランスでは「イチゴケーキ」を意味する言葉で呼ばれており、生地はスポンジでクリームは少なめです。

 

表面をイチゴに合わせてピンク色に染めたマジパンで覆うなど、見た目がフランスらしい豪華なものです。

 

日本でショートケーキが作られるようになったのは大正時代。

 

独自のスタイルとして、スポンジ生地を使ってクリームやイチゴをサンドしたものとなりました。

 

もちろん世界中に広まっていますので、その地域で作り方はかなり異なります。

 

 

西洋の人にショートケーキという言葉は通じない?

実は、日本スタイルのショートケーキは、英語を話す国では「レイヤーケーキ」と呼ばれています。

 

生地やクリーム、果物が層を成したケーキ、という意味ですね。

 

【short cake】は英語ですが、そのままの言葉で通じるというわけではなさそうです。

 

ドイツでは「トルテ」と呼ばれるようで、チョコクリームを使用したり、クリーム自体を使用しなかったりと、かなりのバリエーションの幅があります。

 

フランスでも、バタークリームやカスタードクリームが使われているものが主流です。

 

最も有名なのは「フレジェ」という、フランス語で「イチゴ」を意味するケーキです。

 

英語圏でもショートケーキという言葉が通じることは少ないですし、特に西洋だと、意味は理解されても全く異なるケーキが出てくる可能性が高いです。
 

 

日本式のショートケーキの作り方・イチゴが必要?

日本式のショートケーキの材料は・・・

・卵:3個
・グラニュー糖:60g
・薄力粉:60g
・溶かしバター:20g
・生クリーム:200cc
・砂糖:15g
・フルーツ缶のシロップ:大さじ3
・イチゴのリキュールがあれば:大さじ1
・イチゴ:1パック

などがメインとなります。

 

作り方は・・・

 

まず、卵白をしっかりと混ぜてメレンゲを作ります。

 

さらに卵黄とふるっておいた薄力粉、溶かしバターも加えてしっかりと混ぜます。

 

クッキングシートを敷いた型に流し込んで、170℃で30分程焼きます。

 

焼けたら型から出して冷まし、2枚にスライスします。

 

断面にシロップと生クリームを塗って、スライスしたイチゴを並べます。

 

残りの生地でサンドし、全体にクリームを塗ってイチゴを飾れば出来上がりです。

 

 

ただし、ショートケーキに使用するフルーツは、必ずイチゴでなければならないということはありません。

 

桃などのお好みのフルーツで色々楽しんで作ってみましょう。

 

 

最近は色々と趣向をこらしたケーキがあり、買う時に迷ってしまいますね。

 

クリスマスや誕生日にはケーキそのものもさることながら、トッピングも気になりますね。

 

それでも「やっぱりショートケーキにしようかな…」ということも多いのではないでしょうか。

Sponsored Link