髪の毛を切り過ぎてしまった時は、「早く伸びないかな」と思いますよね。

 

他にも、パーマをかけたい時、結婚式などでヘアセットしたい時などにも気になりますね。

 

実際に、髪の毛の伸びるスピードというのは一体どのくらいなのでしょうか…。

 

当然個人差があると思いますが、1日平均や1ヶ月あたりでどのくらい伸びるのか、豆知識として知っておくと便利かもしれませんね。

 

また、早く伸ばすための栄養素や食べ物、ヘアケアなどの方法も覚えておきたいですね。

 

そこで・・・髪の毛が伸びるスピードと早く伸ばすための方法についてご紹介します!

Sponsored Link

 

髪の毛の伸びるスピードは平均でどのくらい?

髪の毛の伸びるスピードは、遺伝、健康状態、生活習慣、年齢などによっても変わってきます。

 

平均では、1日あたり0.3~0.4mmとされています。

 

1ヶ月あたりにすると、1~1.2cm程伸びるという計算になります。

 

あくまで平均になりますが、1年になると12~14.4cm程度ですね。

 

ただし、季節によっても違いがあり、夏は髪の毛の伸びるスピードが早いといわれています。

 

男性と女性の違いは特にありません。
 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの髪の毛の伸びるスピードは?

生まれても間もない赤ちゃんの場合は、はじめに産毛が生え、6ヶ月頃に産毛が抜けていきます。

 

1歳を超える頃になり、やっと髪の毛らしくなっていくというのが一般的です。

 

ただし、新生児でも髪の毛がフサフサなこともあるため、赤ちゃんの場合はとくに個人差が大きいです。

 

髪の毛の伸びるスピードが遅いと心配になりますが、3~4歳になれば安定してきます。

 

ですから、それ以前にあまり気にし過ぎる必要はありません。

 

 

髪の毛の伸びるスピードをアップさせる栄養素と食べ物は?

実は、これを食べていれば「髪の毛が早く伸びる」という食べ物は、残念ながらありません。

 

また、偏った食生活をしていると、髪の毛の伸びるスピードが遅くなることがあります。

 

あくまでも栄養バランスを重視した食生活に改善することで、スピードアップすることも考えられます。

 

 

特に必要な栄養素として、タンパク質、ビタミンA、B群、C、E、亜鉛を積極的に摂取するようにしましょう。

 

髪の毛はタンパク質の1つであるケラチンでできているため、良質なタンパク質をしっかり摂取していないと綺麗に育たなくなります。

 

他には、リコピン、カプサイシン、イソフラボン、アントシアニンなどの栄養素も、髪の健康によいといわれています。

 

リコピンはトマトやスイカに含まれる赤い色素で、抗酸化作用が強いことでも知られています。

 

また、カプサイシンは唐辛子に、イソフラボンは大豆製品に、アントシアニンはブルーベリーなどの食べ物に多く含まれる成分です。

 

髪の毛の伸びるスピードを大幅にアップさせるのは難しいかもしれませんが、健康的で美しい髪の毛を育てる栄養素を摂取することも大切です。

 

食べ物だけで栄養バランスを整えるのが難しい場合は、サプリメントを利用するのもよいでしょう。

 

マルチビタミン、ミネラルなど足りないものを補えるサプリメントを選びましょう。

 

他にも、血行促進が重要なカギとなるので、入浴、運動、ストレス解消、良質な睡眠なども関わっていますよ。

 

頭皮への血行が促されると、毛根への栄養も十分行き渡るようになるため、髪の毛の伸びるスピードがアップしても不思議ではないでしょう。
 
爪の伸びるスピードは1日にどのくらい?
 

 

ヘアケアによっても伸びるスピードが変化する?

少なくとも、髪の毛の伸びるスピードには血行促進が関わっています。

 

ヘアケアで頭皮環境を整えることで、毛穴の奥に存在する毛母細胞が活性化される可能性もあります。

 

毛穴に汚れが詰まっていたりするとそれも難しくなるため、正しいスカルプケアを行ってみましょう。

 

頭皮マッサージを実践してみしたら、スピードアップしたような気がするという人も多いです。

 

 

他にも、育毛シャンプーを使うという手もあります。

 

育毛シャンプーというと薄毛対策に使うものというイメージがあるかもしれませんね。

 

しかし、健康的で美しく、さらに強い髪の毛を育てる効果が期待できるものです。

 

髪の毛の伸びるスピードを早める効能も十分期待してよいでしょう。

Sponsored Link