ドライフルーツは生のフルーツよりも栄養が凝縮されているので、健康維持効果が高いですよね。

 

日持ちもしますし、好きな時に食べられるのが嬉しいです。

 

キウイも水分の多いフルーツの1つですが、乾燥させることで違った味わいを楽しむことができます。

 

スーパーなどでも販売されていますが、お値段は意外と高く、自宅で作れば安上りです。

 

では、キウイのドライフルーツの作り方をご説明します。

Sponsored Link

 

キウイのドライフルーツの作り方・天日干しでの方法は?

キウイは水分の多いフルーツの部類に入りますが、ドライフルーツの作り方は難しいものではありません。

 

必要なものも少ないので簡単に作ることができます。

 

まずキウイの皮を剥いてスライスします。

 

厚さはお好みでOKですが、厚過ぎると乾燥に時間がかかります。

 

5~7mmくらいの薄めにスライスすると失敗が少ないです。

 

キッチンペーパーなどで表面の水分を取り、ザルなどに広げて天日干しにします。

 

夏の日差しが強い時期ならば、2~3日ほどで完成です。

 

Sponsored Link

 

キウイのドライフルーツの作り方・オーブンやレンジでの方法は?

天日干しの他に、 オーブンや電子レンジを使って作ることもできます。

 

キウイの皮を剥いてスライスするまではどの作り方でも同じです。

 

オーブンの場合は、鉄板にオーブンシートを敷いて重ならないように並べ、100~120℃で1時間加熱し裏返してさらに30分焼きます。

 

電子レンジの場合は、キッチンペーパーなどで水分を拭き取り、耐熱皿に重ならないように並べます。

 

片面を30~60秒加熱し、裏返して30~60秒加熱しますが、これを3~5回繰り返します。

 

ひっくり返すのが面倒ですが、一度に加熱し過ぎると焦げたりパサついたりしてしまうので、数秒加熱してひっくり返すのを繰り返すと美味しくできます。

 

好みのドライフルーツになるまで繰り返してくださいね。

 

 

キウイのドライフルーツの栄養とカロリーは?

100gあたりのカロリーは 337kcalほどです。

 

高いと思われるかもしれませんが、水分が飛んで栄養が凝縮されている証拠です。

 

砂糖などは使用していないので、生の果物よりもカロリーが高くなる訳ではありません。

 

ただし、食べやすいからといって食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

ドライフルーツのキウイには、食物繊維やたんぱく質の分解酵素である アクチニジンが含まれています。

 

これには整腸作用があるので便秘や下痢の解消、ダイエットや美容への効果も期待できますよ。
 
レーズンの栄養成分と効果・効能・カロリー!
 

 

キウイのドライフルーツの保存法と期間は?

乾燥具合にもよりますが、しっかり乾燥されていれば常温で 3~4ヶ月保存できます。

 

綺麗な容器に乾燥剤と一緒に入れて密封しておくといいでしょう。

 

水分が残っているとカビが生えてしまうので、心配な場合は冷蔵庫で保存してください。

 

生で食べるのももちろん美味しいですが、ドライフルーツにしておくとすぐに食べられますし、保存が効くのは嬉しいですね。

Sponsored Link