疲れていると感じる時や、ちょっと落ち込んでいる時にも有効な アロマ…。

 

いい香りを嗅ぐとリラックスできたり、気分が上がったりしますよね。

 

なかでもベルガモットは精神に与える影響や効果が大きく、ストレスを多く抱えている人におすすめのオイルです。

 

もともと柑橘系のハーブということもあり、アロマ初心者でも取り入れやすい香りですね。

 

そこで・・・ベルガモットの効果効能をテーマにご紹介します!

Sponsored Link

 

ベルガモットの効果効能・アールグレイ(紅茶)にすると?

ベルガモットは、レモンやみかんと同じミカン科の柑橘類の1つです。

 

ただし、苦味が強いため食用にはされず、昔から薬用や香料としての使用がメインでした。

 

紅茶のアールグレイの香り付けにも利用されているので、馴染みやすい香りの1つといえるでしょう。

 

 

ベルガモットの香り成分の中の「リモネン」は、食欲不振などに効能を示すことでも知られています。

 

胃腸の働きを高める効果や、肝臓や腎臓の働きをサポートしてくれる働きがあるため、朝の寝起きや食事後にアールグレイにしていただくのがおすすめです。

 

フレーバーハーブティーの中でも人気が高く、中国茶セイロン茶などとブレンドしても相性がよいのも嬉しいですね。

 

 

ベルガモットの効果効能・化粧水に使用すると?

ベルガモットの効能の1つに、抗菌作用が挙げられます。

 

それにより、化粧水やマッサージオイルにベルガモットを加えると、美肌効果が高まることがわかっています。

 

特に、ニキビや吹き出物、脂性肌といったトラブルにも非常に効果的です。

 

 

ただし、ベルガモットに紫外線が加わると、お肌にダメージを与えてしまう危険性があります。

 

したがって、化粧水にわずかに利用するにしても、夜のスキンケアのみにとどめておく必要があります。

 

ベルガモットの効果効能・アロマバスの作用は?

ベルガモットは精神的作用が強いアロマとしても有名です。

 

心を落ち着かせてくれたり、不思議と明るい気持ちに導いてくれるという効果があります。

 

日々の生活においてストレスを感じている人や、嫌なことがあった時などにアロマバスにゆっくる浸かるとよいですね。

 

バスタイムに使用すると、入浴による血行促進との相乗効果によって副交感神経を優位に導いてくれますよ。

 

いわゆる戦闘モードともいえる 「交感神経の高ぶり」を抑制する働きがあるため、アロマバスに浸かっているだけで自律神経のバランスを整えるといった効能が期待できます。

 

その他にも、筋肉がほぐれやすくなリ肩こりや緊張型頭痛などの改善にも繋がりますし、深くて良質な睡眠に導いてくれるといった働きもあります。

 

不眠症の人や自律神経の乱れが気になる人には、ベルガモットのアロマバスは特におすすめです。

 



 

ベルガモットと妊婦さんとの相性は?

妊婦さんがアロマを利用する際は、子宮収縮を促す作用のあるものは避けなくてはなりません。

 

その点、ベルガモットは妊婦さんとの相性もよいので、妊娠中でも安心して使うことができます。

 

妊娠中は筋肉疲労ストレスも溜まりやすい状態にあります。

 

妊婦さん特有のイライラする心を落ち着かせてくれる効果もあるため、ベルガモットを使用したアールグレイなどもおすすめです。

 

 

ただし、妊娠初期の体調が優れない時は、アロマの香りによって気分を悪くすることもありますので、体調が落ち着いてから使用してください。

 

 

ベルガモットは親しみやすい香りであり、尚且つストレスを感じやすい現代人向きのアロマです。

 

オイルの使い方もいろいろありますので、ぜひ興味のある人は利用してみてくださいね。

Sponsored Link