冬のレジャーとして 「スノボに行くことになった!」という時、何を着ていけばいいのか迷ってしまう女子も多いのではないでしょうか。

 

特に初めての場合、行き帰りの服装から、靴、インナーやニット帽などの防寒対策などもわからないことばかりですよね。

 

また、日帰りではなく1泊する際は、着替えなども用意する必要があります。

 

ゲレンデでは 「動きやすい格好」というのはわかりますが、おしゃれにも気を遣って 「女子力もアピールしたい」というのが悩ましいところですね。

 

そこで・・・女子におすすめのスノボに行く際の服装についてご紹介します!

Sponsored Link

 

女子のスノボの服装・行き帰りは?靴は?

カップルなどで行く場合、 「行き帰りもおしゃれに決めたい!」と意気込む女子も多いと思います。

 

ただし、度が過ぎると浮いてしまう可能性が高いので、TPOはわきまえておきたいところです。

 

スノボ専用のウェアはおしゃれなものが多いので、スキー場までの道のりでも上着はウェアをそのまま着ていく人が多いです。

 

特に、バスや電車で行く場合に別の冬物ファッションにすると、今度はウェア自体が荷物にもなりますしね…。

 

 

おすすめの服装はパンツスタイルで、トップスで女子力をアピール!

 

ワンピースなどでもいいですが、パンツの上に着るのがよいですね。

 

パンツスタイルで行けば、スキー場に着いたらすぐウェアのズボンをはくことが出来て便利です。

 

実は、 更衣室がない場合も意外と多いため、さっとウェアが着れるというのは重要なポイントです。

 

しっかり着込んで行きたいところですが、バスや電車の中は暖房が効いて暑いことも多いため、脱ぎ着のしやすい格好にしておく必要もあるでしょう。

 

自分たちの車で行く場合は、その点は問題ありませんね。

 

 

当然ながら現地は雪が積もっていますので、靴はスノーブーツがおすすめです。

 

持っていないという場合は、ヒールの低いブーツやスニーカーでもOKです。

 

靴の中がかなり濡れてしまうと、テンションが一気に下がってしまいますので、防水スプレーをしておくとベストですね。

 

 

女子のスノボの服装・ウェアの中のインナーは?

ゲレンデに出る際は、まずはヒートテックなどを着て、その上からセーターやトレーナーなどを着ましょう。

 

ロッジなどでは暑い場合もあるので、脱ぎ着が出来るものがよいでしょう。

 

首元も寒いのでタートルネックがおすすめです。

 

女子力をアピールしようとして胸元の開いた服などを選ぶと寒くて後悔しそうです。

 

それでもおしゃれを演出したい方は多いので、ピンクや白など明るい色を基調とした服装を選ぶのもポイントです。

 

Sponsored Link

 

女子のスノボの服装・ニット帽やネックウォーマーも必要?

タートルネックのインナーを着ていても、まだ寒いということもあります。

 

そんな時も、 ネックウォーマーなどを用意しておけば安心です。

 

最新スノボファッションでは、ネックウォーマーが付属しているかのような形をしているタイプもありますが、なるべく持って行くことに越したことはありません。

 

 

また、ニット帽は耳などを温めてくれるだけでなく、スノボで転倒した際のクッションにもなるため、断然持っていった方がよいでしょう。

 

ゴーグルなども含め、女子は特に顔や頭部の防寒も重要ですよ!
 
ニット帽の洗濯!伸び縮みしやすい素材は?洗濯機での脱水や干し方!
 

 

女子のスノボの服装・着替え用に持って行く物は?

着替えで必需品となるのは、まず靴下です。

 

スノボ用の厚手の靴下を持っていきましょう。

 

厚手なので、最初から履いていくと靴が履けなくなります。

 

濡れる可能性もあるため、多めに持って行ってもいいかもしれませんね。

 

 

日帰りの場合は、脱ぎ着で調節すればOKですので、他には特に着替えを持って行かなくても大丈夫です。

 

ただし、汗をかきやすい人は着替え用のインナーを持ってましょう。

 

女子の場合、冷え性気味の人も多いため、逆に1枚羽織れるものがあるといいですね。

 

 

1泊する場合は、下着類などを含め普通に1泊用の着替えを持っていけばOKです。

Sponsored Link