ニット帽は、冬のおしゃれにも防寒にもなるので大活躍しますよね。

 

ですが、汚れが目立って来たり、冬にしまおうとしたりする時など、どうやって洗濯すればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか…。

 

セーターなどはクリーニングに出すことも多いですが、ニット帽の場合はなるべく自宅で洗いたいですよね。

 

ただ、伸び縮みなども気になるため、洗剤選びや干し方など気を遣うことも増えてきます。

 

そこで・・・ニット帽の洗濯方法についてご説明します。

Sponsored Link

 

ニット帽の洗濯・伸びたり縮んだりしやすい素材は?

ニット帽を洗う時は、まずは 洗濯表示をチェックして、それに従う必要があります。

 

伸び縮みしやすいものは、水洗いや手洗いが不可になっているはずです。

 

ただし、なかには表示がないものもありますので、その場合は素材を見て判断するしかありません。

 

 

特に伸び縮みしやすい素材としてはウールが挙げられます。

 

また、カシミヤなどの高級素材もその1つです。

 

いわゆる動物性繊維の場合は、伸びたり縮んだりすることも多いため、洗濯する回数もなるべく少なくしましょう。

 

そのためには普段から除菌スプレーをして陰干しをするといいですよ!

 

 

一方、アクリルなどの化学繊維は全体的に伸び縮みしにくいです。

 

しかし、毛玉ができやすいというデメリットもあります。

 

 

もし、お気に入りのニット帽が縮んでしまった場合は、髪の毛に使うトリートメントをお湯に溶かし、30分ほど浸け込んですすいだ後、 スチームアイロンをかけると復活することがあります。

 

もちろん、激しく縮んでいたり、傷んでいたりする場合は戻らないこともあります。

 

 

ニット帽の洗濯・洗濯機で洗う方法は?洗剤選びや脱水は?

表示に洗濯機のマークがある場合は、自宅で洗うことができます。

 

とはいえ、普通に洗ってよいという訳ではありません。

 

 

まず、ニット帽に付着した汚れを軽く払い、洗濯ネットに入れます。

 

そして、ドライモードや手洗いモードなど、洗濯機の一番優しいコースで洗いましょう。

 

ニットですので、洗剤は おしゃれ着用のものがおすすめですが、 柔軟剤も使ってOKですよ。

 

 

「洗濯機が心配」という場合は手洗いしましょう。

 

タライや洗面台にぬるま湯を張り、洗剤を溶かします。

 

その中にニット帽を入れて20~30回優しく押し洗いします。

 

その後すすいで、1分ほど洗濯機で脱水に掛けます。

 

 

続いて、同じようにぬるま湯の中に柔軟剤を溶かし、押すようにして染み込ませます。

 

あとは、優しく絞ってタオルドライをし、水気を切ってから干しましょう。
 
マフラーの洗い方!アクリル・ウール・カシミヤは?毛糸の手編みは?
 

Sponsored Link

 

ニット帽の洗濯・干し方の注意事項は?

ニット帽は、干し方によっては型崩れしてしまうので注意しましょう。

 

洗濯ばさみなどを使って挟んで干すのは絶対にNGです。

 

基本的には、形を整えて平干しにします。

 

段ボールなどを帽子の形にしてそれに挟んだり、膨らませた風船にかぶせて干したりすると、より形が綺麗になりますよ。

 

 

一般的には陰干しが推奨されていますが、これは色落ちを予防するためです。

 

干し方ひとつで意外と失敗することがありますので、吊るすように干したり、強い日差しに当てたりするのは極力避けるべきですね。

 

また、洗濯表示にはなくても、カシミヤ製だとわかっている場合は、素直にクリーニング店にお任せすることも考えましょう!

Sponsored Link