お腹の中で胎児を育てる妊婦さんは、体力的にも精神的にも疲れやすい状態にあります。

 

体重増加による行動の制限や、妊娠中のホルモンバランスの乱れにより、ストレスも溜まりやすくなっています。

 

そんな時はお風呂にゆったり浸かるのもよいですが、入浴剤の使用は問題ないのでしょうか…。

 

胎児への悪影響などがなければ、どのようなものを選ぶべきか知っておきたいところですね。

 

今回は・・・妊婦さんと入浴剤の使用に関するお話です!

Sponsored Link

 

妊婦さんは入浴剤を使用できる?胎児への影響は?

妊娠中に入浴剤を使用してもよいかという点では、特段問題はないというのが一般的な解釈です。

 

少し前までは「妊婦さんは温泉に浸かるのを控えた方がよい」といわれることもありました。

 

ただし、これは温泉の成分が胎児に影響するというより、濡れた床での転倒などを危険視する考えによるものでした。

 

妊婦さんは体の血行が悪くなって冷えやすくなっていることで、マイナートラブルが増えることもあるため、血流を促す入浴剤は効果が高いといわれています。

 

また、肌の乾燥が気になる方は、保湿効果のあるものを選ぶのもよいでしょう。

 

何より、精神的なストレスが溜まりやすい時期なので、リラックス効果が得られる入浴剤は一番の魅力ですね。

 

ただし、いつもよりも肌が敏感になっていることで肌荒れを起こしたり、匂いのきついもので気分を悪くしたりすることがあります。

 

妊婦さんの場合は、自分の体調や胎児への影響も考えながら、相性のよい入浴剤を選ぶことも大切ですね。
 
重曹とクエン酸の違い!飲む炭酸水や入浴剤、洗顔料の作り方!
 

 

妊婦さんは炭酸ガス系の入浴剤も使用できる?

ドラッグストアで目にする入浴剤には、「バブ」「きき湯」のように炭酸ガスが含まれているものもありますね。

 

炭酸ガス系のものには血流を促す効果があるため、妊婦さんの疲労や冷え、むくみなどにも効能があります。

 

さらに、一定の心地よい刺激にはリラックス効果も期待できます。

 

胎児に悪い影響が及ぶことも考えにくいため、使用する分には問題はないようです。

 

ただし、刺激によって肌トラブルなどが現れた場合は使用を控えるようにしてください。

 

また、血行を促進することで発汗作用が働くため、長湯をするとのぼせてしまうので注意してください。
 

Sponsored Link

 

妊婦さんにおすすめの入浴剤は?プレゼントにも!

「キュレル」 「ソフレ」といった入浴剤は、赤ちゃんからでも使用できるため、妊婦さんにもおすすめとなっています。

 

これらは、肌の保湿効果にも高く、妊娠中の乾燥肌などにも有効です。

 

各地の温泉が楽しめる「アソート」なども、遠出の旅行ができない時期には、旅行気分が味わえて楽しいかもしれませんね。

 

妊娠を機に退職や産休に入られる方へのプレゼントにもおすすめです。

 

もし入浴剤をプレゼントする際は、匂いが強過ぎないもの、肌への刺激が少ない自然系素材のものなどを選ぶとよいでしょう。

 

また、妊娠中には使用を控えるべきハーブやアロマがあるので、それらの成分が含まれていないかをよく確認してから購入するようにしてください。

 

大抵のものは、ラベルなどの注意書きでチェックすることができます。
 
妊婦の足がつる原因・対処法・予防法!
 

 

妊婦さんにはNGとされる入浴剤は?

実は、絶対に使用してはいけない入浴剤は、それほど多くありません。

 

ただし、時期によって考慮すべき点がいくつもあります。

 

妊娠初期のつわりの時期であれば、匂いのきついものは避けた方がよいです。

 

どんな匂いがNGなのかは個人差があるため、ご自身の体調とよく相談してください。

 

 

妊娠初期~中期にかけては「ラベンダー」「ローズマリー」「ジャスミン」といった、子宮収縮作用のあるハーブやアロマは避けた方がよいでしょう。

 

お腹の張りや、 流産・早産の原因となる場合があるため、NGとされています。

 

また、発汗を促す「バスソルト」などは、肌への刺激が強いので避けた方が無難です。

 

 

妊婦さんの体調の変化は個人差が非常に大きい部分なので、ご自身の体調とよく相談したり、不安なことは医師や助産師さんに確認してから使用するようにしてください。

 

ストレスも感じやすいマタニティー期間ですが、使用可能な入浴剤を上手に利用しながら、なるべく穏やかに過ごせるようにしたいですね。

Sponsored Link