「妊娠中に重いものを持たない」など、妊婦さんは日常生活の中で行動を制限される場面が多くあります。

 

激しい運動も控えた方がよいといわれていますね。

 

一方で、急激な体重増加を避けるためや、出産へ向けた体力作りのためにも、「多少は体を動かすように」と主治医に促されることもあります。

 

また、妊娠が発覚した時をはじめとすると、 「いつから運動していいのか」「適度な量はどのくらいか」など、疑問に思うことも増えてくると思います。

 

そこで・・・妊娠中に運動できるのはいつからか、また体を動かすことのメリットやデメリットなども併せてご紹介します!

Sponsored Link

 

妊娠中に運動してもいいのはいつから?

安定期(妊娠5か月頃~)までは安静に、などといわれることがありますね。

 

しかし、いつからでも運動をしても構いません。

 

実際には、妊娠初期は体調が優れない人も多いため、体を動かすことは少ないかもしれませんが、実は運動することで悪阻の軽減に繋がることもあります。

 

流産を心配して安静に努める人もいますよね。

 

ただ、医師から指摘されている場合を除いては、妊娠初期の運動と流産は関係がないといわれています。

 

もちろん、まだ体調が不安定な時期なので、軽めのウォーキングなどにとどめておくことが大切です。

 

安定期といわれる中期以降は、マタニティースイミングマタニティーヨガなど、できる運動の種類も増えてきます。

 

後期になると、お腹が大きくて動作が制限されますし、バランスが取りづらくなるため転倒などの危険性があります。

 

出産に近づくにつれ、体調とよく相談して適度に体を動かしていきましょう。

 

妊娠中はストレスも溜まりやすく、むくみや便秘などのマイナートラブルも増えるため、全く体を動かさないのは逆に悪影響となります。

 

 

妊娠中の運動のメリット

妊娠中に運動を心掛けることで、様々なメリットがあります。

 

例えば、「悪阻」「むくみ」「便秘」などの妊婦さんのマイナートラブルは、運動によって改善されるケースが多いです。

 

特に、ウォーキングは足裏のツボを刺激し、これらのトラブル改善に効果が高いです。

 

また、体重の急増を予防する効果もありますね。

 

妊娠中は適度に体重を増やす必要がありますが、急激な増加は「妊娠高血圧症」などを引き起こすことがあります。

 

体重をコントロールするためにも、日常的に体を動かす習慣を取り入れていきたいですね。

 

 

他にも、ストレスを解消するリラックス効果を得ることも、大きなメリットの1つといえます。

 

運動することで分泌される「セロトニン」というホルモンは、妊娠中のホルモンバランスの乱れなどによって起こるイライラを解消するのに役立ちます。

 

Sponsored Link

 

妊娠中の運動のデメリット(注意事項)

メリットがあることはわかりますが、注意事項としてデメリットを頭に入れておくことも大切ですね。

 

例えば、人と激しく接触するようなスポーツ(球技など)は、もちろん難しくなります。

 

ウエストを激しくひねる動き(バッティングやゴルフなど)も、妊娠中に適した運動ではありませんので避けましょう。

 

また、ジャンプするなどの「転倒の危険性」が大きい動きも、お腹が大きくなってきてからは厳禁です。

 

運動中に気分が悪くなったり、体調に変化を感じたら、すぐに休むようにします。

 

体を動かした後は、ストレッチなどをしてから筋肉を休めるようにしてください。

 

汗をかいた後は、水分補給も忘れないよう心掛けましょう。

 

いずれにしても、何か新しい運動を始める際は、医師に確認を取ってから行うことが大切です。

 

 

また、切迫流産や切迫早産と診断されている場合は、安静にしておくことが求められます。

 

ただし、デメリットを恐れるあまり、体調がよいのに動かないと出産時の体力に影響しますので、激しい運動でなければルーティーンに取り入れるようにしたいですね。
 
妊婦の入浴剤使用と胎児への影響!おすすめとNGも!
 

 

暑い夏に室内でできる運動は?

妊婦さんができるもっとも手軽な運動はウォーキングですが、暑い夏は外に出かけるのも一苦労です。

 

夏は、室内でヨガマタニティビクスを行ったり、マタニティースイミングなどがおすすめです。

 

室内でもウォーキングできる施設などもありますが、室温湿度が高いと感じたら回避しましょう。

 

暑い時期は、特に水分補給に気を付けてください。

 

 

妊婦さんは安静に努めるだけでなく、適度な運動を取り入れることで、母子ともに元気に妊娠期間を過ごすことができます。

 

決して無理をしない程度が絶対条件となりますが、少しずつでも体力を付けて出産に臨みましょう!

Sponsored Link