5月5日は端午の節句ですね。

 

この時期を迎えるにあたり、男の子のいるご家庭では鯉のぼりが飾られるようになります。

 

大きな鯉のぼりが泳ぐ姿を目にするようになると、「そろそろ自分の家でも飾らなくては」と思うようになりますね。

 

ただ、あまり知られていないのが、飾リ始める時期やしまう時期です。

 

また、他の節句人形とは異なり外に飾っているので、しまう時のメンテナンスなども注意が必要です。

 

そこで・・・鯉のぼりを飾る時期としまう時期を中心にご紹介します!

Sponsored Link

 

鯉のぼりを飾る時期はいつ?

鯉のぼりを飾る時期については、実は明確な決まりというものはありません。

 

桃の節句に飾っている雛人形をしまってから、春分の日以降~4月の中旬あたりが飾り始める時期として一般的なようです。

 

最初に飾る日として大安を選ぶ人が多いようですが、気にしていない人は天気のよい日を選んで飾り始めるとよいでしょう。

 

また、鯉のぼりは外に飾っておくものなので、長く飾ると汚れや傷みなどが心配ということであれば、4月下旬からゴールデンウィークの期間だけでも問題ないでしょう。

 

季節の風物詩的な要素もありますので、周り近所では「いの一番」に飾って楽しむといった余裕があってもよいかもしれませんね。

 

 

鯉のぼりをしまう時期はいつ?

鯉のぼりをしまう時期についても、 「いつまでに」という決まりはありません。

 

雛人形の場合は、しまう時期が遅れると「お嫁に行き遅れる」といわれることもありますが、鯉のぼりに関してはそういった験担ぎのような言い伝えは存在しないようです。

 

ただし、地域によって風習が異なる場合がありますので、端午の節句が終わってからもダラダラといつまでも飾っておくのはよくないとされるケースもあり得ることですね。

 

一般的には、端午の節句を過ぎてからお天気のよい日を選んでしまう様にすれば問題ないでしょう。

 

特に、男の子の初節句という場合は長々と飾っておきたい気持ちもありますが、適切にしまう時期を考慮してくださいね。
 

Sponsored Link

 

鯉のぼりは晴れでも雨でも飾るべき?夜はどうする?

鯉のぼりはベランダお庭などの外に飾るタイプの節句飾りです。

 

すると、雨の日でも「揚げたままでよいのか?」ということがとても気になりますね。

 

雨が降っている日や、突然雨が降ってきた時には室内に取り込むのがベターです。

 

鯉のぼりはナイロンやポリエステル製のものが多く、特にナイロンの場合は雨によって色落ちしたり、紫外線によってダメージを受けやすい素材です。

 

他にも、夜間 風の強い時は室内に取り込んでおく方がよいでしょう。

 

風が強い日になると飛ばされてしまう可能性がありますし、矢車や鯉のぼりに風が当たる音が騒音になることもあります。

 

屋根のあるベランダだから大丈夫だろうと思ったり、面倒だからそのまま飾っておこうという人も多いですが、夜間なら尚更ご近所に迷惑をかけないようにすることも大切ですね。

 

鯉のぼりは、お天道さまに「この家には男の子がいますよ」ということを知らせるために飾るものです。

 

したがって、飾る意味合いからいっても、 晴れの日(曇りの日を含め)の昼間だけ飾っておくべきでしょう。
 
破魔矢・破魔弓の処分!神社での供養・リサイクル・粗大ゴミでも!
 

 

鯉のぼりは洗わずにしまってもOK?

鯉のぼりは、数週間飾られていると埃などの汚れがたくさん付着してしまいます。

 

外に飾られるので、埃以外にも花粉黄砂などの心配もありますね。

 

また、鳥の糞がついてしまうこともよくあることです。

 

洗わずにしまってしまうと、傷んでしまって翌年には飾れなくなってしまうかもしれません。

 

できれば、一度洗うことをおすすめします。

 

 

ただし、鯉のぼりが大きかったり、模様が繊細な場合は洗いにくいこともありますね。

 

その場合は、洗剤を使ったスプレーを使用して拭き上げ、さらに乾拭きするようにした方がよいです。

 

もちろん、洗剤の種類によっては色落ちの原因にもなりますし、ゴシゴシ拭いてしまうと鯉のぼりを傷めてしまうので、洗わずにしまう場合はいくつか配慮が必要な点も出てきます。

 

特に金具が使用されている飾りの部分も、綺麗に拭き上げて錆びないようにしておく必要もあるでしょう。

 

どうしても洗えないという場合は、入念にメンテナンスするよう心掛け、一旦日に当ててからしまうようにしてください。

 

 

鯉のぼりが春の青空に泳ぐ姿を見ていると、とても清々しい気持ちになりますよね。

 

飾る時期やしまう時期に決まりはないですが、なるべくカラッと晴れた日に行動を起こした方がよいですね。

Sponsored Link