真夏になると毎日暑い日々が続きますが、ペットの犬は汗をかかないのでさらに暑そうですね。

 

高温多湿な環境は熱中症の危険性もあるため、室内犬の場合はエアコンでの対策が必要かもしれません。

 

犬にお留守番をさせる際は、どのくらいの温度設定にするのかも迷いどころです。

 

基本的にはつけっ放しになると思いますが、そうなると電気代なども気になりますよね。

 

そこで・・・ペットの犬と夏のエアコンに関する情報をお届けします!

Sponsored Link

 

犬に夏のエアコンは必要?熱中症の危険性は?

実は、犬は暑さに弱く、夏は熱中症にかかりやすい動物の1つです。

 

したがって、室内で犬を飼っている人は、エアコンで対策してあげることが必要です。

 

温度が22℃、湿度が60%を超えただけで、熱中症を起こす危険性が高くなるといわれています。

 

高温多湿が特徴とされる日本の夏は、完全にアウトですよね。

 

犬が熱中症になると、グッタリしたり、呼吸が荒くなったり、食欲不振になったりします。

 

そういった症状が出る前にエアコンをつけてあげて、快適な温度や湿度に持っていくことが大切です。

 

特に、北方出身の短頭種(鼻の低い犬)や、毛足の長い種類は暑さに弱いので、気をつけてあげましょう。

 

例えば・・・

  • セントバーナード
  • シベリアンハスキー
  • フレンチブルドック
  • シーズー

などは暑さに弱いです。

 

今では大型犬も室内で飼われていることも多いため、ぜひ注意してあげてください。

 

また、子犬や老犬の他、内臓疾患がある、肥満気味といった犬も、体温調節が苦手とされています。

 

よほど風通しがよく、涼しい場所なら別ですが、基本的には夏のエアコンの必要性は大きいといえます。
 

Sponsored Link

 

犬に最適な夏のエアコンの温度設定は?

飼っている犬の種類や周りの環境によっても異なりますが、昼間のエアコンの温度設定は25~26℃くらいがおすすめです。

 

夏場は人間が快適に感じる温度より、さらに1~2℃低めにするというのも1つの目安です。

 

とはいえ、人間も犬も同様に「何℃なら絶対に大丈夫」ということはありません。

 

温度だけでなく湿度も重要になってきますので、たまにはエアコンのドライ運転なども利用しましょう。

 

暑さが厳しい真夏は、湿度が50%前後になるようにするのが理想です。

 

日が沈んでから涼しいと感じられるようであれば、少し温度を上げても大丈夫です。

 

ただ、犬にとっても熱帯夜が続くと厳しくなりますので、夜の気温なども見ながら温度調節してください。
 
ペットの犬が死んだら!必要な手続きや葬儀の費用は?
 

 

夏に留守番させる犬にエアコンはつけっ放し?電気代は?

夏の日中、外出して帰ってくると、家の中はサウナ状態になっていますよね。

 

犬にとっては、もちろん最悪な温度環境です。

 

ペットの犬に留守番させる時もエアコンをつけてあげましょう。

 

設定温度は通常と同じで構いません。

 

 

ただし、つけっ放しにしていると当然電気代が心配ですよね。

 

機種によっても電気代は異なりますが、10畳用のエアコンを15時間くらいつけていた場合、大体56円かかります。

 

1ヶ月で計算すると1,680円です。

 

さらに、自分が帰ってからも暑いので、24時間つけっぱなしという人も少なくないかもしれません。

 

24時間つけっぱなしの場合は72円程度です。

 

30日使用しても2,160円ですので、意外と高くありませんよね。

 

これなら、夏に留守番を任せる犬に利用してあげてもよいのではないでしょうか…。

 

 

そもそもエアコンは、スイッチを入れた時の立ち上がりのコストが高いです。

 

初めの1時間は約29円なのに対し、運転が安定してから1時間当たりのコストはたったの3円です。

 

ですから、こまめにつけたり消したりするよりも、長時間つけっ放しの方が電気代も安く済むのです。

 

15時間使用したケースを初めに紹介しましたが、僅かな時間で1度でもつけ直すと、つけっ放しよりも電気代が高くなるので注意してください。

 

ペットの犬とはいえ、もはや家族同然の時代ですから、夏のエアコンのつけっ放しも当たり前かもしれませんね。

 

 

犬の留守番中に停電してエアコンが止まった時の対策は?

夏は落雷なども多いので、犬の留守番中に停電する可能性もありますよね。

 

当然、エアコンは止まってしまいますし、その後の温度上昇で猛烈な暑さになることもあります。

 

その時に犬が苦しまずに済むよう、下記のような停電対策もしておきましょう。

 

  • 一部屋だけでなく、他の部屋にも移動できるようにする
  • 水をたっぷり用意しておく
  • ひんやりシートなどを用意しておく
  • 凍らせたペットボトルや保冷材を置いておく

 

マンションではなく持ち家であれば、ベランダなどに自由に行き来できるよう改装しておくこともできますね。

 

特に気温の上昇が激しい夏場は、犬に留守番させる際には不測の事態に備えておくことも大切です。

 

 

温暖化の影響により夏の暑さも増している昨今、エアコンも上手に利用して、ペットの犬に万一のことがないよう気を付けたいですね。

Sponsored Link