冬にセーターを着ていると、毛玉がたくさんできてしまうことも多いですね。

 

ある意味、「ニット製品の宿命」といったところですが、取り方に失敗して穴を空けるようなことがあっては大変です。

 

また、どんなに頑張っても綺麗に取れないことも多いです。

 

かといって、毛玉は放置すればするほど増えたり取れにくくなるため、小さいうちにケアをするのがおすすめです。

 

家にあるものを使った簡単な方法や市販の便利グッズもありますので、試してみてはいかがでしょうか…。

 

そこで・・・セーターの毛玉の取り方についてご説明します。

Sponsored Link

 

セーターの毛玉の取り方・スポンジを使うと?

セーターなどのニット製品にできる毛玉の正体は、摩擦やそれに伴う静電気などで毛羽だった繊維が複雑に絡み合った塊です。

 

ですから、当然ほどくこともできませんので、取り除くしかありません。

 

そこで、まずクリーニング屋さんでも推奨している方法として、スポンジを使う取り方があります。

 

キッチンなどで使用する普通のスポンジを使いますが、ガサガサしている硬い方の面でセーターの毛玉ができているところを擦るだけです。

 

力を入れ過ぎるとセーターの生地を傷めてしまうので、最初は軽めの力でやってみて加減を調節してください。

 

意外と簡単に取れることもありますので、試してみる価値は十分あります。

 

 

実は、スポンジの表面には 小さな穴がたくさん空いています。

 

毛玉が少し擦れて浮き上がり、毛先がここに入り込んでいくため綺麗に取れるようです。
 
セーターの虫食いの原因!繊維を好む害虫の名前や種類・予防法は?
 

 

セーターの毛玉の取り方・カミソリでもOK?

他にはカミソリを使う取り方もあります。

 

毛玉取りに使用する場合は、T字カミソリがおすすめです。

 

なるべく皮膚を傷つけないように安全に作られているため、衣類にも優しくなります。

 

平らなところにセーターを広げ、優しくなでるようにして取りましょう。

 

こちらも力を入れ過ぎると生地を傷めたり、繊維に引っ掛けて穴が空いてしまう原因にもなるため、慣れないうちは注意しながら行いましょう。
 

Sponsored Link

 

セーターの毛玉の取り方・専用ブラシや毛玉取り器で!

ブラシ毛玉取り器など、市販の専用のアイテムで取ることもできますね。

 

ブラシはこだわりの素材を使用していて、セーターなどの衣類に優しいものが多いです。

 

下記に人気のおすすめ商品をご紹介します。

 

【新・浅草アートブラシ かんたん毛玉取りブラシ&洋服ブラシ&クリーナセット】

浅草で100年以上の歴史を持つ、老舗ブラシ専門店のブラシです。

国内外問わず大人気の商品です。

 

 

【クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ】

猪のハードな毛と、豚のソフトな毛の両方を使ったブラシで、様々な素材のニットに対応しています。

専用クリーナーも付属しており、お値段も比較的リーズナブルなのが嬉しいです。

 

 

毛玉取り器は電池式とコンセント式がありますので、使いやすい方を選びましょう。

人気の商品はこちら。

 

【ADVANCE 毛玉クリーナー】

コンセント式で、2メートルの電源コードがついているので使いやすいです。

高級カミソリにも使われているカッターを使っているので、セーターはもちろん、じゅうたんやカーテンなどにも使用することも可能です。

 

 

【IZUMI 毛玉とるとる】

こちらは、コンセントにさしたままも使えますが、充電すればコードレスでも使えます。

2WAYなので使い勝手がいいですね。

生地に合わせて3段階の調整が可能なので生地を傷めにくいです。

 

 

メーカーによって多少使用方法は異なりますが、基本的にはセーターをなでるだけなのでとても簡単ですよ。

 
ニットでチクチクする・しない素材!セーターなどの解消法と対策!
 

クリーニング屋さんでも取ってもらえる?

自分でやって失敗したことがあったり、お気に入りのものだったりすると自分でやるのは怖いですよね。

 

プロにやってもらえたら綺麗に仕上がりそうです。

 

クリーニング屋さんによってはセーターなどの毛玉取りを行ってくれることもあります。

 

料金はサービスのところから高くても500円ほどです。

 

ただし、行っていないところもあるので、出す前に電話で確認してみましょう。

Sponsored Link