女性の場合、日々のスキンケアとして 「化粧水」「美容液」「乳液」「クリーム」といった基礎化粧品類は欠かせませんよね。

 

ただし、これらの違いや役割をすべてご存知でしょうか…。

 

また、顔に使用する順番などを理解して使い分けなければ、その効果が正しく得られないこともあります。

 

せっかく値段が高い製品を使っているのに、その効果を最大限に発揮できなければもったいないですよね。

 

そこで・・・化粧水・美容液・乳液・クリームの違いについて、役割や上手な使い方をご紹介します!

Sponsored Link

 

化粧水と美容液の違いとは?

化粧水には、肌の角質層に不足している水分を補うという役割があります。

 

ただし、化粧水自体にはこの水分を保つという効果はありませんので、入浴や洗顔後に化粧水だけを付けていても保湿効果はあまり得られません。

 

そして、その保湿効果を補ってくれるのが美容液で、最も違いが現れる部分でもあります。

 

美容液には、化粧水によって補った肌の水分を閉じ込め、さらに潤いを与えながら保湿するという働きがあります。

 

また、プラスの効果としてリフトアップやシミ、シワの予防、美白、アンチエイジングなどによい成分が含まれおり、単に化粧水を使用しただけの場合とは明らかな違いが出てきます。
 


 

乳液とクリームの違いとは?

乳液やクリームは、どちらも油分でできています。

 

化粧水や美容液によって補った水分、潤いを油分によって閉じ込めるという働きがあります。

 

油分があるだけで、水分の蒸発をより防ぐことが可能になるため、乳液やクリームを使用します。

 

どちらも保湿力を一層高める効果を持つものですが、水分や油分のバランスの違いにより使い分けられることも多いです。

 

より水分が多く液状のものが乳液、より油分が多くこってりとしているのがクリームになりますが、当然、クリームのほうが肌の潤いを一層閉じ込める力が強くなっています。

 

基本的にはどちらも役割は同じなので、肌との相性使用感の違いでどちらを使うかを決めればよいでしょう。

 

いつまでもヌルヌルとしているのが嫌いな人は乳液を使うほうがおすすめです。

 

また、より乾燥しやすい時にはダブルで使用することにより保湿力は一層高まることになります。

 

いずれにしても、乾燥の強い冬場やもともと乾燥肌の人は、セラミドと呼ばれる細胞間脂質が失われることが多いため、皮膚の一番外側の表皮から入ってくる様々な刺激をシャットアウトしておくことが大切です。
 

Sponsored Link

 

洗顔後に使用する順番は?

これらの基礎化粧品は、洗顔後入浴後に使用することが多いですね。

 

使用する順番は、化粧品の仕様によっても変わりますが、一般的には・・・

1.化粧水
2.美容液
3.乳液・クリーム

となります。

 

洗顔後はすぐに肌の乾燥が始まりますので、なるべく水分を補充して、さらにそれを肌に閉じ込めるという流れで保湿を心掛けることがスキンケアの鉄則です。

 

特に乾燥が激しい冬は、早めに行動に移すことで潤いを保つ効果が高まります。
 
かさぶたの跡を消す方法!顔のピンクの跡や色素沈着によるシミは?
 

 

オールインワン化粧品とは?

オールインワン化粧品とは、化粧水、美容液、乳液などの役割が全て1つで賄えるという化粧品です。

 

含まれている成分は商品によって違いがありますが、大抵はたった1本あれば正しいスキンケアが行えるものとなっています。

 

化粧水、美容液、乳液などを1つずつ塗り重ねるのは思った以上に時間も手間もかかりますね。

 

オールインワン化粧品にも使用感の違いにより、美容液、乳液、クリーム、ジェルなどのタイプがあります。

 

子育て中で自分のスキンケアに時間をかけられないママさんや、朝のメイクの時間短縮にぴったりのスキンケア化粧品となっています。

 

 

ただし、デメリットとして、肌に合わない時や肌の調子に合わせてスキンケアを変えるといったことが難しい点や、肌トラブルが多い人には向かないという点もあります。

 

肌質にも当然個人差がありますので、「この1本で十分!」という商品に巡り合えたらラッキーですね。

 

 

いずれにせよ、体調や年齢によって肌の状態は刻々と変化しますので、その時々の自分の肌に合った化粧品やスキンケア方法を見つけることが重要とされてきますね。

Sponsored Link