美容や健康のために食生活にオイルを取り入れたり、お肌に塗ったりして活用している人が増えていますね。

 

なかでも、最近特にセレブに注目されているのが「ローズヒップオイル」です。

 

その名の通り、野バラから採れるオイルですが、採取できる量がとても少ないため希少価値が高く高級品となっています。

 

その分、毛穴の引き締め、ニキビやニキビ跡のケア、シミの対策など高い美容効果が得られるといわれています。

 

そこで・・・ローズヒップオイルの効果について詳しくご説明します!

Sponsored Link

 

ローズヒップオイルの効果・毛穴の引き締めに!

ローズヒップオイルには特にビタミンCが豊富に含まれているため、美肌効果が非常に高いと注目されています。

 

また、その特徴として人肌のpH(4.5~6)に近いので馴染みがよく、肌のキメを整える効果が高いです。

 

それにより、気になる毛穴の引き締めに優れています。

 

ちなみにpH(ピーエッチ、ペーハー)とは、日本語で「水素イオン指数」と呼ばれ、14段階で表されています。

 

pHの数値が1に近ければ「酸性より」、7ならば「中性」、14に近ければ「アルカリ性より」ということになりますので、基本的には人肌は弱酸性とされています。

 

 

さらに、ローズヒップオイルに含まれる「γ-リノレン酸」には、肌の水分と油分のバランスを整えてくれる働きがあります。

 

特に油性の人には嬉しい働きで、肌に塗るだけでも開いた毛穴の引き締め効果が高く、皮脂の分泌量を適度に抑えることもできます。

 

美容オイルはベタつきが気になる人も多いですが、サッパリとした使い心地なのも嬉しい点です。

 

Sponsored Link

 

ローズヒップオイルはニキビやニキビ跡にも効果あり!

肌細胞の代謝(ターンオーバー)を促すことは美肌作りの基本ですね。

 

ローズヒップオイルにはこの肌細胞の代謝を促進する効果があるため、ニキビにも優れた効能を発揮します。

 

ターンオーバーが乱れてくると肌に老廃物が溜まったままになるため、ニキビができやすくなったり、いつまでもニキビ跡が消えにくくなるということも起こります。

 

しかし、肌代謝が正常化されることで古い肌細胞が角質として剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わることになります。

 

ローズヒップオイルを繰り返し使用することで、新しい肌細胞が次々に生まれ変わるようになるため、特にニキビ跡が消えずに悩んでいる人の強い味方になってくれそうです。

 

他にも、抗炎症作用を持っているため、ニキビの悪化を防いで早く治すことも期待できます。

 

 

ローズヒップオイルはシミにも効果あり!

ビタミンCの含有量が非常に多いローズヒップオイルは、別名「ビタミンCの爆弾」などと呼ばれれています。

 

ビタミンCには、シミの原因となる「肌への色素沈着」を抑制する働きがあります。

 

さらに、ターンオーバーを促すことで、できてしまったシミを薄くしてくれる効果も期待できます。

 

また、抗酸化作用に優れたビタミンEも含まれているので、シミだけでなく、シワやたるみといった年齢肌の悩みにも効果が高いといえます。

 

肌のアンチエイジング(抗老化)を図る上では最適なオイルの1つとなります。

 

 

効果的な使い方や使用期間の目安は?

基本的に、ローズヒップオイルは顔や体など全身に使用することができます。

 

他のキャリアオイルとブレンドすることも可能で、日々の肌のお手入れにも使用しやすくなります。

 

ただし、光毒性があるといわれ、オイルを塗った肌が紫外線に当たると刺激を受けやすくなるという性質もあります。

 

ローズヒップオイルを使った後の外出は避けたいので、夜寝る前のケアに利用するのが効果的な使い方となります。

 

 

効果が現れるまでの使用期間には個人差があります。

 

肌のターンオーバーは大体28日くらいのサイクルですので、1~2ヶ月使用すれば効果が目に見えてくることが多いようです。

 

 

また、オイル自体は酸化しやすいので、開封したらなるべく早めに使い切る必要があります。

 

まずは小さなボトルを1本購入して、お試し期間を設定した方がよいでしょう。

Sponsored Link