気が付いたら「近くのものが見えづらい」といった症状が出ることはありませんか?

 

スマホの画面を見る時に少し離してしまう、書類の字が小さくて読みにくい、などがあれば老眼の可能性があります。

 

「いつから始まるのか?」というのは個人差もありますが、一般的な平均年齢はどのくらいなのでしょうか?

 

また、近視の人は老眼にならないという噂もありますが、本当なのでしょうか?

 

そこで・・・老眼が始まる平均年齢を中心に、原因、症状、対処法などについてご紹介します!

Sponsored Link

 

老眼はいつから始まる?平均年齢は?

老眼というと「歳をとってから」というイメージがありますが、早い人では 30代から症状が現れます。

 

かなり個人差もあるようですので、いつから始まるのかを断言することはできません。

 

実際のデータを見てみると、40代では10人中7人が、50代ではほぼ全員が老眼になるという報告もあります。

 

つまり、平均年齢としては45歳頃といえそうです。

 

現在では、パソコンやスマホなどで目を酷使することも増えていますので、40代に入れば誰にでも起こり得ると考えておいた方がよさそうです。

 

最近では、老眼が始まる年齢が早くなっているともいわれています。

 

Sponsored Link

 

老眼の原因と症状は?

老眼になる原因としては、やはり長年使用してきた眼球周りの筋肉の衰えなどが関与しています。

 

人が物を見る時は・・・

  • 光が角膜から瞳孔に入る
  • 瞳孔に入った光は水晶体で屈折する
  • 屈折した光は硝子体の奥にある網膜に映し出される
  • 網膜に映し出されたものが視神経を通り脳に伝える

という仕組みになっています。

 

つまり、見るものとの距離によって水晶体(レンズ)の厚みを変化させ、網膜に正確な情報を伝えています。

 

この厚さ調節を行っているのは、水晶体の周りにある「毛様体筋」と呼ばれる筋肉です。

 

伸びたり縮んだりしてピントを調節できるようになっています。

 

老眼の原因は、この毛様体筋の衰えにあり、水晶体の厚さ調整が上手くできなくなることにあります。

 

また、加齢により水晶体の弾力がなくなるため、余計毛様体筋が衰えやすくなります。

 

つまり、人間が長年生きている以上、老眼は仕方のない現象といえます。

 

どんな目の症状が現れるかについては・・・

  • 新聞の文字などがボヤけて見えるようになる
  • 今までより離してみると見えてくる
  • 逆に、遠くの景色がボヤけて見える
  • しばらく遠くを見ていると徐々に見えてくる

などが挙げられます。

 

つまり、 「近くから遠く」「遠くから近く」に切り替える時に、ピントを合わせる能力が落ちてきます。

 

また、老眼が始まる前には、目の奥の痛みや不調、首や肩が凝るなどの症状を感じる人が多いともいわれています。

 

このような症状がいつから出るのかというと、30代後半から40代前半くらいですので、すでに前兆に入っていると考えられるようです。

 

目の周りを取り囲む「眼輪筋」という筋肉をほぐすマッサージなどをすると、それらの症状は回復することもありますが、目の見え方自体は衰えていくばかりです。

 

 

急に老眼になってもコンタクトレンズを使用できない?

老眼といえば老眼鏡というイメージが強いですが、 遠近両用のコンタクトレンズを使用することでも解消できます。

 

ただし、今まで視力に問題がなかった人の場合、「コンタクトの使用はできない」と眼科医にいわれることもあります。

 

若い頃からだと問題はありませんが、年齢を重ねると難しいこともあるようです。

 

もちろん、いつからでもコンタクトを始めることができるという医師も多いです。

 

ただし、老眼の場合は手元が見えにくいため、慣れないコンタクトレンズを付けるのが困難ということもあります。

 

まずは眼科で試してみるのもよいでしょう。

 

問題なくつけられるようなら、1日使い捨ての1DAYタイプを利用するのがおすすめです。

 

逆に、若いうちからずっとコンタクトを使い続けていると、合併症などにより50代頃になると使用できなくなるというケースもあります。

 

 

近視の人は老眼になりにくいって本当?

遠くのものが見えづらい近視の人は、老眼になりにくいといわれることがあります。

 

ただ、実際にはそんなことはありません。

 

近視の人の場合、元々近くにピントが合っています。

 

メガネを外せば近くは見えるため、老眼鏡をかける時期が遅いということから「老眼になりにくい」という誤解が生じたようです。

 

メガネやコンタクトをした状態では、同じように近くは見えにくくなります。

 

 

いかがでしたか?

 

特に、パソコンで仕事をされる方などは、急に老眼が来たと勘違いしやすいですよね。

 

実際は、目を休めると普段通りに回復することも多いです。

 

ただ、目を酷使していることに変わりはありませんので、老眼になるのが早くなることはあるようです。

Sponsored Link