セーターを洗濯する時は、クリーニングに出すのが一番安心ですね。

 

ただ、自宅で洗った方が断然早いので、実践してみたら失敗して縮んでしまったという人も多いでしょう。

 

ちょっとクリーニング代を惜しんだために、縮んでしまったというのはショックですね。

 

また、「正しい洗い方を知っておけば」と悔やんでいる人もいるでしょう。

 

しかし、諦めるのはまだ早いです。

 

そこで・・・縮んだセーターを元に戻す方法についてご説明します。

 

縮んだセーターを元に戻す方法・トリートメント、コンディショナーを使って!

そもそも、なぜセーターが縮んでしまうのかご存知でしょうか…。

 

ウールなどの繊維が、髪の毛のキューティクルと同じような構造をしていることが原因です。

 

天然繊維の中でもウールの場合は動物性繊維ですから、髪の毛と似たような構造というのも納得ですね。

 

水を含むことで毛羽立ってしまい、洗濯機の中で絡み合うことで縮んでしまうのです。

 

逆に、アクリルなどの合成繊維の場合は、縮むのではなく伸びてしまいます。

 

 
縮んだセーターを元に戻すには、人間の髪の毛と同じようにトリートメントを使う方法がおすすめです。

 

トリートメントをぬるま湯に溶かし、セーターをその中に30分ほど浸けておきます。

 

すると、縮んだ部分が引っ張って伸ばせるようになりますので、慎重に伸ばしたら水を軽く絞ってから洗濯機で脱水します。

 

伸ばし方を間違えると型崩れしてしまうので気を付けてください。

 

水気を切ったら形が崩れないように平干ししましょう。

 

これだけでOKなので、意外と簡単ですよね。

 

 

また、トリートメントだけでなく、コンディショナーリンスでも元に戻すことができます。

 

トリートメントなどに含まれるアモジメコチンという成分が、縮んだセーターのザラ付きを直してくれる効果があります。

 

髪の毛の滑りがよくなるのと同じ仕組みですよ。
 

Sponsored Link

 

縮んだセーターは柔軟剤を使って元に戻す方法も!

柔軟剤を使って伸ばすという方法もあります。

 

天然繊維でも植物性の綿や麻の場合は、トリートメントよりも柔軟剤を使う方がおすすめです。

 

方法はほとんど同じで、ぬるま湯の中に柔軟剤を入れ、そこに縮んだセーターをしばらく浸けておき、その後丁寧に伸ばしていきます。

 

伸ばし終えたら、脱水して日陰で陰干しすると元に戻ります。
 
ニット帽の洗濯!伸び縮みしやすい素材は?洗濯機での脱水や干し方!
 

 

スチームアイロンを使って元に戻す方法もある!

もし、トリートメントや柔軟剤を使って元に戻らない場合は、スチームアイロンを使ってみましょう。

 

日本テレビの「ヒルナンデス!」でも、蒸気を当てて伸ばす方法が紹介されていました。

 

アイロン台に縮んだセーターをのせて固定し、ゆっくりと蒸気の力を使って慎重に伸ばしていきます。

 

直接セーターにアイロンを当てるのではなく、1cmほど浮かせた状態でスチームをじっくり当てましょう。

 

アイロン自体を当ててしまうと、毛糸が潰れてしまうので気を付けてください。

 

 

また、トリートメントもしくは柔軟剤入りのお湯に浸けた後、脱水をしてからスチームアイロンを使うと綺麗に伸ばすこともできます。

 

お気に入りのセーターが縮んでしまっても、最低2回は伸ばすチャンスがありますので、ぜひご紹介した方法で試してみてくださいね。

Sponsored Link