洗濯が終わって洗濯機を開けてみたら・・・

 

チリチリになったティッシュが服に絡み付いて取れなくなってしまった、という経験はありませんか?

 

主婦にとってこれほどの悲劇はありませんよね。

 

幼稚園~小学校低学年のお子さんがいると、ポケットにティッシュを入れたままにしていることがあります。

 

衣類に付いたものを手で取り除くのはとても大変です。

 

また、すべて洗濯機から排水しようとすると、詰まり等を起こすことがあります。

 

そこで・・・ティッシュを洗濯機で回してしまった時の取り方について、衣類と洗濯槽に分けて対策をご紹介します!

Sponsored Link

 

ティッシュを洗濯機で回した時の取り方・衣類に付着したものの対策!

ズボンなどのポケットにティッシュを入れたまま洗濯機を回してしまうことは、主婦なら誰しも経験があると思います。

 

それがポケットの中だけにとどまっていればよいのですが・・・。

 

洗濯機全体の衣類に付着してしまった時の「げんなりとした気持ち」は言葉になりませんね。

 

衣類に付着したティッシュをひとつずつ取り除いていたら、途方もない時間が必要になります。

 

では、まず衣類に付着したティッシュの取り方からご紹介しましょう!

 

Sponsored Link

 

対策1.乾燥機にかける

もし、衣類にティッシュがこびりついてしまったら、乾燥機にかけてみることをおすすめします。

 

完全とはいかなくても、30分くらい乾燥させるだけでティッシュが取りやすくなります。

 

尚且つ、乾燥機による遠心力で剥がれてくれることも期待できます。

 

もし自宅に乾燥機がなければ、お近くの コインランドリーを活用してもいいでしょう。

 

コインランドリーの方が家庭用の乾燥機よりもパワーがあるので、より綺麗に取ることができます。

 

ただし、乾燥機のくず入れがいっぱいになってしまうので、終わったら掃除をしておきましょう。

 

故障の原因になることがあります。

 

対策2.野菜ネット・キッチン用スポンジを使って擦る

自宅にあるもので活用できるアイテムとしては、オクラやにんにくが入っている野菜ネットがあります。

 

また、キッチン用スポンジもおすすめです。

 

キッチン用スポンジは、鍋などを洗う時に使うザラザラした面を利用しましょう。

 

ティッシュがついた衣類を、野菜ネットやキッチンスポンジで優しく擦ると、ネットやスポンジに絡まり付いてポロポロと剥がれ落ちてきます。

 

衣類がたくさんある時は大変ですが、比較的時間をかけない取り方の1つといえます。

 

濡れたままの状態でもできますが、乾かしてから行う方が綺麗に除去することができます。
 

対策3.ガムテープ・コロコロなど粘着テープで剥ぎ取る

ガムテープや掃除用のコロコロなど、粘着テープを利用してティッシュを取るというのも定番の対処法です。

 

ただ、この方法はかなり時間もかかるため、最後の仕上げに行うのがよいかもしれません。

 

また、セーターなど繊細な衣類の場合には、ダメージを与えてしまう可能性があるので使用しない方がよいでしょう。

 

繊維が毛羽立った上に絡まってしまい、毛玉を増やすことがあります。
 
お風呂の残り湯での洗濯!節約効果と汚れ・雑菌・臭い・入浴剤の影響
 

 

対策4.柔軟剤やお酢を入れてすすぎ直す

ティッシュを洗濯機で回してしまった場合、そのまま再度すすぎをしてもなかなか綺麗なりません。

 

そこで、柔軟剤お酢を入れた水ですすぎを行うと綺麗にすることができます。

 

柔軟剤やお酢には静電気を抑える効果があり、衣類に張り付いたティッシュを剥がしてくれるためです。

 

すすぎ直した時には、まだティッシュが完全に取り切れていないように見えます。

 

ただ、そのまま衣類を干して乾いたら、バサバサと払うとティッシュを落とすことができます。

 

これで取り切れなかった分は、粘着テープなどで剥がすとよいですね。

 

対策5.掃除機を活用する

ティッシュがついた状態で洗濯物を干した後、ハンガーに吊るしたままで掃除機をかけるとティッシュを吸い込んでくれます。

 

ただし、衣類を掃除機にかけると、服ごと吸い込んでしまうことがあります。

 

布団を掃除するときに利用できるアタッチメントがあれば、そちらを使うとかけやすくなります。

 

ティッシュを洗濯機で回してしまうと、朝から腹が立ってイライラしますが、色々と取り方がありますので家族に当たらないようにしてくださいね!

 

 

ティッシュを洗濯機で回した時の取り方・洗濯槽に付着したものの対策!

ティッシュを洗濯機で回してしまった時は、洗濯槽に付いた分もきちんと処理しましょう。

 

ティッシュペーパーもある程度は水に溶ける習性があるため、一度誤って洗ってしまったくらいでは故障する可能性はは極めて低いです。

 

ただし、放置すると詰まってしまうこともあります。

 

洗濯槽に付いたものは可能な限り手で取り除き、洗濯機を満水にします。

 

満水にした状態で浮いてきたら、さらに網ですくって通常モードで一度洗濯機を回します。

 

最後に、糸くずのフィルターからティッシュを取り除いて完了です。

 

 

今のポケットティッシュには、より水に溶けるタイプのものがあります。

 

何度も繰り返すようであれば、見直してみるのも対策の1つになります。

Sponsored Link