数分水に戻すだけで、簡単に料理に使うことができる乾燥わかめ

 

特に毎朝のお味噌汁には欠かせない存在ですね。

 

海藻は栄養価が高く、健康によいというイメージがありますが、どんな効能効果があるのかご存知ですか…。

 

健康維持だけでなく美容にも優れているため、特に女性にはおすすめの食材ですよ。

 

では、乾燥わかめの主な栄養成分と効果・効能・カロリーについてご説明します。

Sponsored Link

 

乾燥わかめの主な栄養成分とカロリーは?

乾燥わかめに含まれる主な栄養成分としては・・・

  • ビタミン類:ビタミンA、B1、B2、葉酸
  • ミネラル類:カリウム、ナトリウム、カルシウム、鉄分
  • 食物繊維

などが豊富です。

 

なかでも、特にカリウムの含有量が非常に豊富です。

 

食物繊維に関しては、水溶性食物繊維が中心となっています。

 

また、乾燥わかめを戻した時のネバネバ成分である「フコイダン」には、様々な効果効能があると注目されています。

 

 

気になるカロリーは、乾燥したままの状態2g当たり3kcal程です。

 

2gというと少なく感じますが、水で戻せば24g程になります。

 

低カロリーということもあり、ダイエット中の方にも嬉しい食材の1つです。

 

Sponsored Link

 

乾燥わかめの効果・効能は?

特に注目されているのはフコイダンの効能です。

 

乾燥わかめに含まれるフコイダンには・・・

  • 免疫力アップ
  • 便秘の改善
  • コレステロール値の低下
  • 健胃効果
  • アレルギー症状の緩和
  • 美肌効果

などがあるといわれています。

 

また、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、「2:1」の割合で摂取するのが理想的だといわれています。

 

しかし、実際の摂取量を見てみると、水溶性食物繊維が足りていないのが現状です。

 

乾燥わかめで不足しがちな水溶性食物繊維を補うことができるため、整腸作用を強化して肌荒れなどの不調の改善も期待できます。

 

フコダインにも便秘を解消して美肌を作る効果があるため、女性にとって嬉しい効能を持つ優良食材の1つです。

 

その他、カリウムには利尿作用があるため、むくみの解消やナトリウム(塩分)の排泄効果が期待でき、血圧の上昇を抑える効能もあります。

 

 

乾燥わかめの栄養と妊婦さんとの相性は?

乾燥わかめには食物繊維やカリウムが含まれるため、便秘むくみを解消する効果があります。

 

その点、妊婦さんとの相性もよい食材といえます。

 

栄養価が高いのにカロリーは低いですし、体重の管理にも役立ちます。

 

ただし、乾燥わかめにはヨウ素も含まれています。

 

ヨウ素も妊娠中に必要な栄養素の1つですが、過剰摂取すると赤ちゃんの甲状腺機能が低下する可能性があるといわれています。

 

妊婦さんの場合、ヨウ素の1日の目安摂取量は240μgで、厚生労働省は許容上限を2,000μg(2mg)と設定しています。

 

乾燥わかめでいえば10gまでは食べても許容範囲内なので、極度に食べ過ぎない限りは大丈夫です。

 

ただし、ヨウ素は昆布やのりなどにも含まれています。

 

総合的に許容範囲量を超えないように気をつけましょう。

 

特に、昆布にはヨウ素がたくさん含まれていますので、妊婦さんは注意しておきたいところですね。

 

 

乾燥わかめの美味しい食べ方は?

乾燥わかめには「カットわかめ」「素干しわかめ」があります。

 

水で戻すと、カットの場合は12倍、素干しの場合は11倍までになります。

 

どちらも5分ほど水に浸けておくだけでOKです。

 

乾燥わかめを長時間浸し過ぎると、食感が悪くなってしまうので気をつけましょう。

 

味噌汁に入れたり、酢の物にしたり、サラダに入れたりするのが代表的な美味しい食べ方ですね。

 

サラダにする際は、特に豆腐サラダ大根サラダにのせるのがおすすめです。

 

他には、蒸したもやしきゅうりと一緒に、ゴマ油と塩(もしくは醤油)で和えると、ナムル風になって美味しいです。

 

使い勝手もよいですし、生のものより保存が利きますので、乾燥わかめを常備しておくとよいですね。

Sponsored Link