の寒い時期は、大人でも寝付くまでに時間がかかってしまうこともありますね。

 

それは、体温調節が苦手な赤ちゃんにとっても同様のことがいえます。

 

ただし、寒いからといって赤ちゃんにたくさん服を着せたり、布団をかけすぎてしまうと却って体調不良を起こす原因になることもあります。

 

また、体が冷えるはずなのに 「どうしても布団を蹴ってしまう」ということで悩んでいるママも多いことでしょう。

 

そこで、冬の赤ちゃんの布団について素材の選び方や枚数を中心にご説明します!

Sponsored Link

 

冬の赤ちゃんの布団・素材の選び方や枚数は?

赤ちゃんの布団選びで注意したいことは、 軽くて柔らかい素材を選ぶということです。

 

ただし、ふかふかし過ぎていると顔が埋まって窒息してしまうこともあるので、大人の羽毛布団のようなものは避けましょう。

 

赤ちゃんは大人よりも体温が高めで、代謝も盛んなので汗をかきやすいです。

 

冬でもたくさん汗をかくので、布団をかけすぎると汗疹などの肌トラブルや、汗冷えによる体調不良を起こすことがあります。

 

温かい部屋で昼寝をしているのであれば、薄手の掛布団や毛布1枚で十分でしょう。

 

 

夜寝る時、エアコンを切っている場合は厚手の布団をかけるようにしましょう。

 

または、薄手の布団と毛布を重ねて利用してもいいですね。

 

寒い冬といえど、それ以上の枚数をかけるのは逆効果になる可能性が高いです。

 

 

冬の赤ちゃんの布団・蹴る、布団から出る時の対策は?

赤ちゃんが手足をバタバタと動かすのは 元気がある証拠です。

 

ただし、特に寒い冬の時期に布団を蹴ってしまうのは困りますね。

 

そういう時には、スリーパーなどの着せ込むタイプの寝具があると、多少布団から出ることがあっても安心です。

 

手足が冷たいことよりも、胸や胴回りが保温されるように工夫してみましょう。

 

赤ちゃんが寒いかどうかは、背中やお腹を触ってみて「温かいかどうか?」で判断するようにします。

 

 

また、布団を蹴っている場合は、赤ちゃん 暑がっているという可能性も考えられます。

 

背中に手を入れてみて汗をかいていれば1枚布団を減らすか、部屋の温度を少し下げるなど環境を整えてみましょう。
 
冬の赤ちゃんの散歩!いつから?時間帯・服装・防寒対策・効果は?
 

 

冬の赤ちゃんの布団・手足が冷たい、肩が冷える時の対策は?

まだ赤ちゃんの時期というのは、 手足から放熱して体温調節をしています。

 

冬は手足が冷たくなることもありますが、少しくらいであれば気にする必要はありません。

 

ただし、氷のように冷たくて血色が悪い時は温める必要があります。

 

手はミトンをはめる、足は靴下レッグウォーマーを付けるなどの対策を取りましょう。
 

 

肩も、手足同様少しくらい布団から出てしまっていてもあまり気にする必要はありません。

 

胸や背中が出てしまう時には、布団をかけ直してあげる、スリーパーを着せるなどしましょう。

 

もし肩が冷えて体温が下がっていると感じる時は、ベストを1枚着せるなどして対応しましょう。

 

 

どうしても小さな赤ちゃんは、か弱くて風邪をひいてしまいそうに見えてしまいますね。

 

しかし、大人にとっては少し寒いくらいでも、赤ちゃんにはちょうどよいということがほとんどです。

 

冬は様子をこまめに観察しながら、布団の素材の選び方や枚数などの環境を整えてあげましょう。

Sponsored Link