夏の暑さが和らぎ、秋の気配が漂ってくると、ようやく過ごしやすい季節になりますね。

 

ただし、日々の気温差や朝晩の寒暖差のある秋の季候は、赤ちゃんにとって体の負担になることもあります。

 

赤ちゃんは一日の多くを寝て過ごすため、布団の選び方や枚数などにも気を配る必要があります。

 

暑いと布団を蹴ってしまうこともありますが、適切な寝具を上手に使い、心地よい眠りの環境を整えてあげましょう。

 

そこで・・・秋の赤ちゃんに必要な布団の選び方や、寒暖の差への対策を中心にご紹介します!

Sponsored Link

 

秋の赤ちゃんの布団・選び方や枚数は寒暖を考慮して!

大人より体温が高く、汗っかきで暑がりの赤ちゃん…。

 

夏場は薄手で通気性のよい布団を使用していたと思います。

 

秋になり、朝晩が冷えるようになってきたら、夜寝る時には少し厚手の布団を選んであげましょう。

 

中綿の薄い掛布団1枚で十分ですが、特に冷える際はバスタオルなども併用していきましょう。

 

あまり枚数を掛け過ぎると、重たくて寝づらくなってしまいます。

 

 

また、赤ちゃんは暑がりなので、心配してたくさん掛けると、汗をかいて却って体を冷やすことがあります。

 

体を触ってみて、冷たいところや汗をかいているところがないかをチェックしつつ、秋に適した布団を選んであげたいですね。
 

Sponsored Link

 

秋の赤ちゃんの布団・蹴る時は服装を含めた対策を!

赤ちゃんは手足の力が強く、布団を蹴ってしまって、はみ出て寝ていることも多いですね。

 

夜から朝にかけて寒暖差が激しくなる秋は、スリーパーなどの服装タイプの寝具も含めた対策も必要になってきます。

 

スリーパーは、衣服の上から羽織るベストタイプになっていますので、頻繁に布団を蹴ってしまうお子さんにはおすすめです。

 

 

赤ちゃんの場合、手足の冷えよりも、お腹など胴回りの冷えに対するチェックが重要です。

 

秋も深まった頃の冷え込みが気になる時は、腹巻なども便利ですね。

 

 

また、手足が冷えていると、ミトンや靴下を履かせようかと思うママも多いようです。

 

ただし、氷のように冷たい時をのぞいては基本的に不要です。

 

布団だけでなく、服装やちょっととしたアイテムを上手に利用することも、秋には必要かもしれません。

 

 

秋の赤ちゃんの布団・昼寝と夜寝る時の違いは?

秋は、昼と夜の寒暖差が激しいです。

 

ですので、昼寝の時と夜寝る時では布団を変える必要があるでしょう。

 

9月~10月上旬くらいまでの昼寝の時は、薄手のタオルケットなど1枚でも十分でしょう。

 

日によっては、夏と同じものを使用していてもよいかもしれません。

 

汗をたくさんかいたら、こまめに洗って清潔にするということも大切ですね。

 

 

ただし、10月下旬~11月頃になると、日中でも冷え込む日が増えてきます。

 

昼寝で風邪をひくこともありますので、少し温かくした方がよいでしょう。

 

夜寝る時はさらに気温が低下しますので、秋が深まる頃にはスリーパーなどを含め、寒さ対策に1枚追加するなども必要ですね。

 

4重、6重、8重のガーゼスリーパーや、夜寝る時は中綿入りのキルトタイプや、羽毛入りタイプなどもおすすめです。

 

 

赤ちゃんが寝ている時に暑い・寒いを判断する基準は?

赤ちゃんは布団をよく蹴っていますが、もしかしたら暑がっているサインかもしれません。

 

言葉では暑いか寒いかを伝えることができないため、親としては心配になってたくさん掛けてしまいがちですね。

 

ただし、前述したように大人よりも代謝が激しく、体温も高いので、布団は少なめでもよいといわれています。

 

赤ちゃんが暑いのか寒いのかを判断する際は・・・

・汗をかいているかどうか
・胴回りが温かいか冷たいか

を基準にするとよいです。

 

大抵は、背中を触ってみればわかるはずです。

 

手足が冷たくなっているからといって、必ずしも寒がっているとはいえないので注意しましょう。

 

 

秋の赤ちゃんの布団の選び方を紹介しました。

 

質のよい睡眠を得られることは、赤ちゃんの心身の成長にとても重要です。

 

寝具も季節に合ったものを選び、心地よく眠れるようにしてあげましょう。

Sponsored Link