金婚式は、結婚50周年の節目のお祝いです。

 

結婚1年目から徐々に夫婦の絆が硬くなっていくように、お祝いの呼び方も変わっていき、50周年が金婚式というわけです。

 

50周年ともなると半世紀を共に生きたということですので、長い道のりだったことでしょう。

 

ご夫婦の健康長寿も含めて、お子さんやお孫さん、親戚の方などと一緒にお祝いをしてあげたいですね。

 

そこで・・・金婚式のお祝いの金額の相場についてご説明します。

Sponsored Link

 

金婚式のお祝いの金額の相場・両親に贈る場合は?

金婚式をお祝いしてあげるケースでは、ご両親が対象になることが多いでしょう。

 

いくつになっても親は親、子は子ですからね…。

 

結婚記念日を祝う風習というのは、もともとは西洋が発祥とされており、夫から妻へ結婚記念日の名称にちなんだものをプレゼントするというものだそうです。

 

 

金婚式の場合には 金の物をプレゼントするのですが、これは夫から妻へのプレゼントの場合です。

 

ご両親へという場合はお祝いの仕方も様々ありますが、食事会などのお祝いの席を設けたり、旅行に招待したりということが多いようです。

 

もちろん、記念品御祝い金を贈ることもあるようです。

 

お祝いの金額の相場としては20,000~30,000円くらいですが、兄弟姉妹でお金を出し合って高価なものをプレゼントすることもあるようです。

 

必ずしも現金を包む必要はなく、両親へ贈る場合は素敵なプレゼントの方が喜ばれるようですね。
 

 

金婚式のお祝いの金額の相場・祖父母に贈る場合は?

結婚50周年ということは、 お孫さんが20歳前後に成長されていることも多いでしょう。

 

祖父母の金婚式であれば、お孫さんからもぜひお祝いをしてあげたいですね。

 

 

お孫さんの年齢にもよりますが、祖父母へのプレゼントの金額の相場としては10,000円くらいが目安となります。

 

場合によってはまだ学生さんということもありますので、無理のない範囲で構わないでしょう。

 

お祝い金を贈りたいというお孫さんもいるかもしれませんが、こちらも思い出に残る品をプレゼントする方が喜ばれそうですね。

 

金婚式のお祝いの金額の相場・親戚に贈る場合は?

おじさん、おばさんなど、お世話になった親戚夫妻が金婚式を迎える時は、お祝い金を渡してもよいですし、形あるものを贈るという方法もありますね。

 

プレゼントの金額は5,000~10,000円くらいが相場です。

 

ペアグラスや、湯呑み、汁物椀など、日頃よく使うものが好まれるようですよ。

 

現金の場合、夫婦で参加する際は1~2万円は必要になりますので、中途半端な金額にならないよう注意してください。

 

 

金婚式のお祝い金ののし袋の選び方と書き方

お祝い金として現金を渡すこともありますよね。

 

その場合に利用するのし袋は、蝶結びで紅白または金銀の水引のものを選びましょう。

 

結婚式の場合は結び切ですが、結婚記念日は何度あっても嬉しいお祝いなので蝶結びを選びます。

 

表書きは、上は「御祝」「祝金婚式」とし、下には自分の名前を入れましょう。

 

 

金婚式のお祝いの金額について紹介しました。

 

日本人の平均寿命が長いといえど、人生の半分以上を共に過ごしているということですからとてもおめでたいですね。

 

ぜひ、心を込めてお祝いしてあげましょう。

 

また、現金を包む場合は相手からのお返しを考慮して、あまり高額にならないよう注意してくださいね。

Sponsored Link