結婚50周年といえば、誰もが知っている 「金婚式」ですね。

 

夫婦間であっても他人が知らないトラブルは付き物ですが、男女が互いに手を取り合って過ごしてきた半世紀という長い年月は、まさしく金にも負けない価値があります。

 

これ程おめでたいことはなかなかありませんので、両親や祖父母、親戚などが金婚式を迎える際は、ぜひ喜んでもらえるようなお祝いの贈り物を用意したいですね。

 

お祝いの席では現金の入った祝儀袋を渡すこともありますが、一生の思い出に残るような心のこもったプレゼントを贈り、ちょっとしたサプライズにするのもよいでしょう。

 

そこで今回は、金婚式のお祝いに喜ばれる贈り物や、のし紙の選び方、書き方をテーマにご紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

金婚式のお祝いの贈り物・両親へのプレゼントは?

金婚式も夫婦にとっては通過点に過ぎず、また新たな思い出になるような 記憶に残る贈り物も喜ばれます。

 

単なる品物だけでなく、記念の旅行ホテルのディナーなど、二人の思い出作りの演出をしてあげるのも立派なプレゼントになるでしょう。

 

また、夫婦二人で過ごしたいという人もいれば、子どもや孫などの家族も一緒に過ごしたいという人もいます。

 

ご両親の意見を尊重して、みんなで温泉旅行や豪華な食事に出かけるのもいいですね。

 

 

最近では、サプライズで 「二度目の結婚式」をするというのも人気があるようです。

 

特に、結婚式の時に白無垢だけでウェディングドレスを着ていない女性は、初めて着ることができて大変喜ばれるようです。

 

また、形に残る贈り物としては、夫婦の似顔絵や写真の入った時計や、ご両親の名前を詩にしてもらうというのもいいですね。

 

普段はなかなかいただけるものではありませんので、二人の思い出に残るサプライズプレゼントになりますよ。

 

小物の類は自分の子ども(孫)に任せて、両親にできるだけの親孝行をしてあげたいですね。

 

 

金婚式のお祝いの贈り物・祖父母へのプレゼントは?

から祖父母への金婚式の贈り物は、背伸びをせず、無理なくプレゼントできるものでよいのではないでしょうか。

 

あまり高価過ぎると、却って恐縮されることもあるようです。

 

花束や写真立てなどは、そこまで金額も高くないので贈りやすいものに挙げられます。

 

 

少し余裕があれば、ネーム入りの夫婦茶碗湯呑みなどもよいでしょう。

 

他には、二人の好きな和菓子などでもお孫さんからの贈り物ならきっと喜んでもらえるはずです。

 

 

今のご自分があるのは、間違いなく祖父母のおかげでもありますので、感謝の気持ちが伝わるような贈り物であれば大切にしてくれると思います。

 

自分が成長するにあたり、次第に疎遠になってしまった方も多いでしょうから、思い切って二人への手紙を書いてみるのも素敵ですね。

 

 

金婚式のお祝いの贈り物・親戚へのプレゼントは?

親戚の方が金婚式を迎えた際も、贈り物にはペアのものが喜ばれるようです。

 

前述した夫婦茶碗や湯呑み、お箸なども、実用性があって使ってもらえるので、こちらとしても嬉しいプレゼントになります。

 

お酒が好きな人なら、結婚した年に作られたビンテージワインや、金婚式ということで金箔の入った吟醸酒などもおすすめです。

 

もちろんご家族の方からお祝いの席に招かれることもあるでしょうから、気持ちよく参加して一言お祝いの言葉をお伝えしたいですよね。

 

個人的な話をすれば、少しだけ値の張るプリザードフラワーや小さめの盆栽などもおすすめです。
 
金婚式のお祝いの金額の相場!ご祝儀やギフトは?
 

 

のし紙の選び方や書き方は?

金婚式は何度あってもよい慶事ですので、のし紙は蝶結びの水引きのものを使用します。

 

今では、通販でも希望に応じてのし紙を付けてくれるところも多いので、お店の方の方が詳しいかもしれませんね。

 

表書きは「祝金婚式」とし、下に自分の名前をフルネームで入れます。

 

もちろん兄弟・姉妹で選んだ贈り物であれば、連名にしておくとよいです。

 

 

それにしても、結婚生活を50年続けることは大変なことですよね。

 

特に、還暦や古希、喜寿などのお祝いをしてあげていない方もいらっしゃると思いますので、金婚式くらい感謝を込めて派手なイベントを演出してあげるのもよいかもしれませんね。