毎年、大晦日の夜から新年にかけて、 「除夜の鐘」の音を耳にしますよね。

 

近くのお寺の梵鐘(つりがねの意)が鳴り響く音は、なんともいえない神聖な印象を受けます。

 

また、単に聴いているだけではなく、自分でお寺に出向いて梵鐘を撞いた経験のある人も多いかもしれませんね。

 

ところで、除夜の鐘は一体何のために鳴らすものなのでしょうか…。

 

よく 「人間の持つ108つの煩悩を打ち消すため」といわれることがありますが、その煩悩についてもあまり理解できていない人が多いようです。

 

そこで・・・除夜の鐘を撞く意味と108つの煩悩について詳しくご説明します!

Sponsored Link

 

除夜の鐘を撞く意味とは?

除夜の鐘が、大晦日から新年にまたいで鳴らされる鐘であることは、みなさんご存知のことと思います。

 

そもそも、「除夜」というのは 「除日の夜」を意味しており、つまりは「大晦日の夜」のことを指しています。

 

「除」という漢字には、「除く」などの言葉にもあるように、「新しいものへ移り行くために古いものを捨てる」という意味が込められています。

 

したがって、一年の最後の日(大晦日)を除日とし、その夜のことを除夜と呼んでいるのです。

 

 

除夜の鐘を撞く意味については、 「人の心の中にある煩悩を捨て、清らかな心で新年を迎えるため」だといわれています。

 

煩悩というのは、人の心の中に生まれる「穢れ(けがれ)」「乱れ」のことです。

 

もっとわかりやすい表現を使えば、人間の欲望や怒り、執着などによって芽生える人の苦悩を意味しています。

 

1年365日を普通に生きていれば、必ずこういった感情を抱くのが人であり、それによる悩み、苦しみを大晦日の夜に捨ててしまい、新しい年に持ち越さないように鐘を撞いているのです。

 

1回、また1回と鐘の音が鳴り響くと同時に、私たちの煩悩も打ち消されて 「穢れ無き心」を取り戻していると考えられています。
 
1年間の二十四節気の意味!2018年の日程や時刻は?
 

 

除夜の鐘の数・108つの煩悩とは?

除夜の鐘が 108回撞かれていることは多くの方がご存じのことですね。

 

そして、梵鐘を撞く上で107回目までを旧年のうちに、残りの108回目は新年を迎えてから撞くというルールのようなものが存在しています。

 

 

また、鐘が鳴らされる回数が108回なのは、「人の煩悩の数が108つあるから」というのが一般的な考えとなっています。

 

108つの煩悩の数え方としては、人の欲望は6つの感覚器官 「眼・耳・鼻・舌・身・意」からもたらされ、この状態には 好(こう)・悪(あく)・平(へい)の3つがあるとされています。

 

さらに、それらの状態は「浄(じょう=きれい)」「染(せん=きたない)」の2つに分けられているのです。

 

そこに時間軸としての「前世・現世・来世」の3つがあるので、計算式にすると「6×3×2×3=108」となります。

 

これらのすべてを、108つの鐘でひとつずつ取り除いていくのが除夜の鐘の役割です。

 

 

あくまで一般的な計算方法ですが、ここに前世や来世が含まれているということは、人間が 輪廻転生することをしっかりと暗示されているような気がしますね。

 

もちろん遠い昔から続いている風習ですので、解釈には諸説あっても不思議ではなく、108という数に関する別の考え方も様々あるといわれています。
 
大晦日の過ごし方!家族や友達、カップルで!
 

 

除夜の鐘はいつから誰が撞くの?

大晦日の夜といえば、昔ほどの視聴率はないといっても 「NHK紅白歌合戦」のイメージはまだまだ強いですね。

 

ただ、その終了後の「ゆく年くる年」という番組が始まった時には、すでに除夜の鐘を撞く様子が流れているようなイメージがありませんか…。

 

実は、いつから撞き始めるという時間は正確には決まっていないそうなのですが、大体のお寺が 23:45頃から撞き始めるようです。

 

おおよそ、紅白歌合戦が終わる時間ですね。

 

誰が撞くのかについてはお寺によって異なりますが、お坊さんが撞いたり、参拝客が交代で1つずつ鐘を撞くことのできるお寺もありますね。

 

最後の108回目のみ新年に入ってからということですので、それがしっかり守られているとしたら、意外とハイペースですよね…。

 

 

大晦日の夜、ボーンボーンという鐘を聴いていると、本当に心が洗われたような落ち着いた気持になりますね。

 

苦しみや悲しみなどはそう簡単には心から取り除けるものとも思えませんが、せめて除夜の鐘を聴きながら、いい意味での新たな豊富が湧いてくることを期待したいですね。

Sponsored Link