法事に列席する際は香典を用意しますよ。

 

あまり出席したことがない人は、金額の相場や香典袋の選び方、お金の入れ方などの方法がわからず、迷ってしまうかもしれません。

 

一周忌、三回忌などによっても金額の相場は変わってきます。

 

また、間違った方法で渡してしまうと失礼になってしまいますので、最低限のマナーは守りたいですよね。

 

そこで・・・一周忌の香典の金額の相場や、その他のマナーについてご説明します。

Sponsored Link

 

一周忌の香典の金額の相場・親族から知人や友人まで!

一周忌の場合、香典はお葬式より少なめに入れるのが一般的です。

 

相場の金額は故人との関係によっても変わってきます。

 

生前にあまり交流がなかった場合は相場の中でも少なめ、親交が深い場合は多めに包むことが多いです。

 

参考としては・・・・

祖父母:10,000円~30,000円
両親:30,000円~100,000円
義両親:30,000円~100,000円
兄弟姉妹:30,000円~50,000円
叔父叔母:10,000円~20,000円
孫、いとこなどその他の親族:3,000円~10,000円
友人:5,000円~10,000円

というのが金額の相場となっています。

 

家族や夫婦で出席する場合は多めに包みます。

 

ただし、兄弟で金額を合わせたりする場合もあるので相談してみましょう。

 

また「4」「9」は「死ぬ」「苦しむ」を連想させてしまうため、避けるのがマナーです。

 

一周忌に限らず、祝儀も不祝儀も偶数を避ける傾向にありますが、2万円は認められていることが多いです。

 

 

一周忌の香典袋の選び方と書き方!薄墨の筆ペンで書くべき?

香典袋(不祝儀袋)は、 黄白、双銀、黒白の水引き、もしくは結びきりのものを選びます。

 

表書きは「御仏前」「御佛前」と書きます。

 

ただし、宗派によって異なることもあります。

 

名前はフルネームで下の段に書きます。

 

夫婦で列席する場合も、夫の名前のみを書くのが一般的です。

 

妻とも交流があった場合は連名でも構いません。

 

 

墨の色も迷うところですよね。

 

葬儀の時は薄墨を使いますが、一周忌の時には黒い文字で構いません。

 

筆ペンの場合は黒い色のものを使います。
 

Sponsored Link

 

一周忌の香典袋へのお金の入れ方や渡し方は?

香典袋へのお金の入れ方は、葬儀の時と一周忌の時では異なります。

 

葬儀の場合は新札はNG、お札は裏向きに入れるといわれていますが、一周忌の場合は逆になります。

 

つまり、お札の向きは表向きで、お札は新札でも構いません。

 

ただし、法事に関しても旧札が常識と思っている人も多いため、旧札にしておいたほうが無難というのはあります。

 

香典袋に入れた後は袱紗(ふくさ)に包み、伺ってすぐに施主の方に直接渡すのが一般的です。

 

施主の方にすぐ会えなかった場合は後でも構いません。

 

自ら仏前に備えるのはNGです。

 

袱紗がない場合はグレーのハンカチなどでも構いません。
 
忌中と喪中の違い!意味や期間・してはいけないこと・慎むべきこと
 

 

京都ではマナーが異なる?

今までお話ししたものは関東や関西をはじめとする一般的なマナーです。

 

関西でも京都では香典袋の選び方から異なってきます。

 

一周忌やお葬式の時も、黄白の水引きのかかった香典袋を使います。

 

地域によって風習が異なる場合があるので注意しましょう。

Sponsored Link