赤ちゃんとの生活リズムを作る上で、散歩は様々な役割を果たします。

 

外の日差しや気温、風などの刺激を受けることは、特に重要視するべきポイントです。

 

ママにとってのリフレッシュ効果もありますので、ちょっとした散歩でもメリットは大きいです。

 

とはいえ、夏の暑い時期は赤ちゃんが外出するのには気候が厳しいですね。

 

時間帯や服装、日焼け対策など、工夫すべき点は色々とありそうです。

 

では・・・夏の赤ちゃんの散歩に関する注意事項などをご紹介します。

Sponsored Link

 

夏の赤ちゃんとの散歩で最適な時間帯は?

夏の散歩で注意すべきことは、なるべく涼しい時間帯を選ぶということでしょう。

 

夏は10:00~16:00頃は日差しが強く、気温も非常に高いので外出には向かない時間帯です。

 

なるべく暑さを凌ぎやすい朝夕の涼しい時間を散歩に当てたいですね。

 

とはいえ、ママの立場に立つと授乳やおむつ替えなどとても忙しいですし、赤ちゃんの機嫌がよいとも限りません。

 

散歩に出かける前提条件として、そういった状況も考慮すべきかと思われます。

 

気温が高くて外を歩くのは大変という時は、スーパーショッピングモールの中を歩くというだけでも十分です。

 

夏でも一歩入ってしまえば、時間帯は関係なく涼しい場所もたくさんあります。

 

見るものや、そこで感じるものすべてが、刺激となって我が子の成長に繋げることができます。
 

Sponsored Link

 

夏の赤ちゃんの散歩に適した服装は?

赤ちゃんを散歩に連れ出す時には、暑さ対策として服装にも気を配りましょう。
朝夕の涼しい時間帯であっても、それは同じことです。

 

夏の場合は、通気性がよく汗の吸収もよい、薄手の綿素材の服装が理想的です。

 

近くの公園などに散歩に出かける際は、肌着1枚でも十分ですね。

 

抱っこで出かけるのであれば、抱っこひもの中はかなり熱がこもります。

 

夏の散歩では保冷剤パックなどを活用して、暑さ対策をする必要もあります。

 

ベビーカーで散歩に出かける際は、路面からの輻射熱が伝わりやすいため注意が必要になります。

 

涼しい素材のベビーカーマットなどを活用しましょう。

 

ママ自身も日傘や帽子などを上手く活用した上で、紫外線対策になる服装選びが必要です。

 

特に、夏の雨上がりや夕方の時間帯は、虫除け対策なども行いましょう。

 

 

夏の赤ちゃんの散歩は毎日行く方が効果的?

赤ちゃんの生活リズムを作るという点で、散歩は毎日の日課にしたいものですね。

 

ただし、必ず毎日行かなくてはいけないというものではありません。

 

我が子の機嫌を窺がったり、夏は気候などを考慮しながら、なるべく散歩させてあげるというスタンスでよいと思われます。

 

最近の夏は温暖化の影響もあってか、朝夕の時間帯であっても30℃を優位に超える地域も多いです。

 

例えば、暑さが厳しかったり、雨が降っていて外出しにくい時には、ベランダに出て少しだけ外の空気に触れさせる程度でもよいのです。

 

嫌がる赤ちゃんを「毎日の日課だから」と無理に散歩に連れ出す必要はないでしょう。

 

 

水分補給や日焼け対策、必要なグッズは?

夏の暑い時期は、水分補給も重要になりますよね。

 

赤ちゃんの場合、基本的には母乳やミルクなどの授乳によって賄われています。

 

離乳食が始まった頃からは、散歩に出かける前にマグストローなどでお茶を飲ませるようにしましょう。

 

短時間の散歩であれば、帰ってきてから再び水分補給させてあげればよいです。

 

ただし、長時間出かける時には、授乳に必要なグッズなどを忘れずに持っていきましょう。

 

 

また、夏は紫外線が強いので日焼け対策も必要ですね。

 

ママが日傘を使用する、赤ちゃんに帽子を被せるなどが主な対策になります。

 

生後1ヶ月頃から使える日焼け止めもありますので、散歩に出かける前に露出する部分には塗っておくと安心ですね。

 

 

散歩に出かけると、外の空気、光、音、風などいろんなものが赤ちゃんへの刺激となり、脳や体の発達に役立ちます。

 

夏の暑い時期はママ自身が億劫になることもありますが、夜はぐっすり眠ってくれるようになることもあります。

 

お出かけすることで得られるメリットも多いですよ。

Sponsored Link