入籍や結婚式を挙げる際には、 縁起のよい日取りを選びたいと思いますよね。

 

一般的によく知られているのは六曜(六輝)の大安で、この日に入籍したり、結婚式を挙げる人が多いようです。

 

また、日本には六曜だけでなく、他にも物事を行うにあたって縁起がよいとされる日がいくつもあります。

 

母倉日もそのひとつで、特に 婚礼には向いた日として知られています。

 

そこで・・・母倉日の意味や2018年の日程などについて詳しくご説明します。

Sponsored Link

 

母倉日とはどんな意味を持つ日?

母倉日の読み方は ぼそうにちとされ、特に縁起がよいとされる「七箇の善日」のひとつにあたります。

 

七箇の善日というのは、暦などの最下段に書かれた「吉凶」を表す注釈を意味しますが、この七日は「善日」と表現されていることからも、「何をするにもよい日」を表しています。

 

その七つの全てを( )内の暦上の表記とともに紹介すると・・・

・天恩日(天おん)
・母倉日(母倉)
・月徳日(月とく)
・天赦日(天しゃ)
・神吉日(神よし)
・大明日(大みやう)
・鬼宿日(きしく日)

となります。

 

いずれも、何事においても吉日を意味する日に当たりますが、それぞれにおいて1年に何度巡ってくるかは異なっています。

 

なかでも、母倉日は「母が子を育てるように天が人間を慈しむ日」とされ、天赦日とともに比較的耳にすることの多い言葉となっています。

 

しかしながら、六曜などとともに科学的根拠 を示されたものではないため、占いのようなものと考えるくらいがちょうどよいのではないかと思われます。
 
巳の日の意味と2018年の日程!蛇と弁財天のパワーで金運アップ!
 

 

2018年の母倉日のカレンダー

では、 2018年の母倉日の日程についてご紹介します。

 

ただし、注意しておきたいのは、母倉日は日数がかなり多くなっています。

 

また、月別の日程も不規則で、その月によって4~11日もある月もあります。

 

六曜の様に規則的に回ってくるのではなく、2日連続であったりするのも特徴的です。

 

★2018年の月別の母倉日

1月:4日(木)、13日(土)、14日(日)、25日(木)、26日(金)

2月:12日(月)、13日(火)、24日(土)、25日(日)

3月:8日(木)、9日(金)、20日(火)、21日(水)

4月:1日(日)、2日(月)、7日(土)、8日(日)、19日(木)、20日(金)

5月:1日(火)、2日(水)、10日(木)、11日(金)、22日(火)、23日(水)

6月:3日(日)、4日(月)、15日(金)、16日(土)、27日(水)、28日(木)

7月:12日(木)、13日(金)、24日(火)、25日(水)

 

8月:5日(日)、6日(月)、7日(火)、10日(金)、13日(月)、16日(木)、19日(日)、22日(水)、25日(土)、28日(火)、31日(金)

 

9月:3日(月)、6日(木)、9日(日)、12日(水)、15日(土)、18日(火)、21日(金)、24日(月)、27日(木)、30日(日)

 

10月:3日(水)、6日(土)、16日(火)、17日(水)、28日(日)、29日(月)

11月:12日(月)、13日(火)、24日(金)、25日(土)

12月:6日(木)、7日(金)、18日(火)、19日(水)、30日(日)、31日(月)

 

2018年は 72日もあることがわかりますが、5日に1日のペースくらいで吉日が巡ってくることになります。

 

他にも、天赦日や一流万倍日、大安などもありますので、重複していたとしてもかなりの数の吉日があることになります。
 

Sponsored Link

 

母倉日は入籍に向いている?財布の新調や納車にも!

母倉日は、何事をするにもよいとされる吉日です。

 

前述したように、特にこの日は入籍や結婚式を勧められることも多くなります。

 

財布の新調や、 新車の契約や納車にも適しています。

 

その他、引越し、転職、転勤、保険の契約など、新しい事をはじめる上でも様々なことができる日といってよいでしょう。
 
不成就日の読み方と意味!何をやるにも縁起が悪い!
 

 

母倉日と仏滅や赤口が重なる日は?

七箇の善日や六曜など、人の吉凶に関するものはどれも 迷信的な要素が強いものです。

 

それゆえ、七個の善日では吉日でも、六曜では縁起がよくない日が重なることもあります。

 

例えば、2018年の母倉日と仏滅が重なる日は・・・

1月4日、2月25日、3月9日、5月11日、8月10日、9月12日、
9月18日、9月24日、9月30日、10月6日、10月16日、10月28日、
12月18日、12月30日

と、年に14日もあります。

 

また、大凶日の1つされる赤口と重なる日も・・・

3月21日、4月2日、4月8日、4月19日、5月1日、5月23日
6月4日、6月15日、6月27日、7月13日、7月25日、8月6日
8月16日、8月22日、8月28日、9月3日、9月9日

と、年に17日もあります。

 

他にも縁起がよい・悪い日というものはまだまだありますので、あまり縛られると入籍などもできなくなってしまいます。

 

その全てといってもいい程、科学的根拠はありませんし、大安に結婚したからといって離婚しないというわけでもありませんよね…。

 

ですから、自分たちが付き合い始めた記念日や、どちらかの誕生日などを目安にする方がよいのではないでしょうか。

 

その日が母倉日と重なるようなことがあれば、ぜひおすすめします。

Sponsored Link