縁起のよい日と聞かれたら「大安」を思い浮かべる人が多いですね。

 

実は、日本にはそれ以外にも様々な吉日が存在し、その日に合わせて行事などを行うことも珍しくありません。

 

「巳の日(みのひ)」もそのひとつに挙げられますが、中国から伝わった十干十二支の考え方が元になっています。

 

蛇は縁起のよい動物といわれており、昔から信仰の対象にもなっています。

 

また、七福神で唯一の女性となる「弁財天」とも関係が深いと考えられているようです。

 

そこで・・・巳の日の意味や2018年の日程、この日のご利益などについてご説明します。

Sponsored Link

 

巳の日の意味!蛇・弁財天・金運アップの関係は?

巳の日は、十二支でいうところの蛇の日にあたりますので、「寅の日」同様、12日に一度訪れる吉日となっています。

 

暦注といって、大安などの六曜(六輝)とは別にカレンダーに記され、その日の運勢を占うものです。

 

古くは中国から伝わった考え方です。

 

干支(えと)でお馴染みの12種の動物は、その年の干支だけでなく、カレンダーに日ごとに割り当てられているというのはご存知でしょうか…。

 

具体的には・・・

・子(ね、し) ・丑(うし、ちゅう) ・寅(とら、いん)
・卯(う、ぼう) ・辰(たつ、しん) ・巳(み、し)
・午(うま、ご) ・未(ひつじ、び) ・申(さる、しん)
・酉(とり、ゆう) ・戌(いぬ、じゅつ) ・亥(い、がい)

の12種の動物のことです。

 

巳というのは「蛇」のことですね。

 

なぜ、巳(蛇)が縁起のよい動物であるかというと、蛇は脱皮を繰り返しながら生きていますが、その様子が 「生と死」を繰り返しているととらえられているためです。

 

日本では、宝船に乗っている七福神で唯一の女性である「弁財天の使い」「弁財天の化身」として信仰されるため、金運アップに優れているとされています。
 
寅の日の意味と2018年の日程!金運アップで財布や宝くじの購入に!
 

 

2018年の巳の日の日程!財布や宝くじの購入に!

では実際に、2018年の巳の日の日程をご紹介します。

 

1月01日(月) 13日(土) 25日(木)
2月06日(火) 18日(日)
3月02日(金) 14日(水) 26日(月)
4月07日(土) 19日(木)
5月01日(火) 13日(日) 25日(金)
6月06日(水) 18日(月) 30日(土)
7月12日(木) 24日(火)
8月05日(日) 17日(金) 29日(水)
9月10日(月) 22日(土)
10月04日(木) 16日(火) 28日(日)
11月09日(金) 21日(水)
12月03日(月) 15日(土) 27日(木)

となっています。

 

12日に一度は巳の日がやってくるので、大体月に2~3回は巡ってくることになります。

 

巳の日は特に金運が上昇する日といわれるため・・・

・財布を新調する
・宝くじを購入する
・銀行口座の開設
・新しい投資を始める

など、お金にまつわることを始めるのに適した日とされています。

 

また、蛇は弁財天の使い、化身といわれているので、弁財天にまつわる神社を参拝する日としても適しています。

 

巳の日に入籍、引っ越し、借金をしても大丈夫?

巳の日にしてはいけないといわれることは、特別にはありません。

 

弁財天は、縁結びの神様でもありますので、結婚やプロポーズ、入籍などをする日としても適しています。

 

才能や芸術の神様としても知られており、スキルアップのために何かを始めるのもおすすめですし、広義でとらえると、引っ越しの日として選ぶのもよいでしょう。

 

同じお金にまつわる吉日である「一粒万倍日」は、借金をすると苦労も万倍になるといわれるため、その日に借金するのはNGとされます。

 

ただし、巳の日に関しては特に借金をしない方がよいということはありません。
 

Sponsored Link

 

己巳の日の意味と2018年の日程!

巳の日の中でも、特に縁起がよいとされるのが、「己巳の日(つちのとみのひ)」です。

 

これは60日に1度やってくる吉日で、やはり十干十二支の思想に基づいています。

 

十干十二支の「十干」というのは、簡単にいうと五行思想(万物は、木・火・土・金・水の5種類の元素から成る)という考えに対し、「兄(え)」と「弟(と)」に分けたものです。

 

これに、十二支をかけあわせると、それぞれ60通りの暦注ができるのです。

 

五行思想の中でも、「土は金を生む」と考えられています。

 

つまり、蛇と土が重なる「己巳の日」は、最上の金運アップの日と考えることができるのです。

 

2018年の己巳の日の日程は・・・

・2月06日(火)
・4月07日(土)
・6月06日(水)
・8月05日(日)
・10月04日(木)
・12月03日(月)

の6日になります。

 

弁財天が祀られる神社では、己巳の日には供養や祭祀が行われます。

 

己巳の日に参拝することで、いつもよりも多くご利益が得られると考えられているのです。
 
一粒万倍日の意味と2018年の日程!財布の新調や入籍、引越しに!
 

 

己巳の日に銭洗いを行う意味!方法は?

己巳の日は、巳の日の中でも特に金運がよい日とされますが、この日に弁財天を参拝し 銭洗いをすると特によいといわれています。

 

銭洗いとは、1万円札を洗って清めることです

 

自宅の水道で洗うだけでもOKです。

 

可能であれば、弁財天が祀られる神社に行って、そこで洗うとより効果が高まるといわれています。

 

ただし、銭洗いといっても水を流しながらゴシゴシ洗うわけではなく、お札の端を軽く濡らして清める程度でOKです。

 

また、1万円札がなければ手元にある他のお札や小銭でも構いません。

 

この時に清めたお金をのことを「種銭(たねせん)」といい、これは使わずにお財布に入れておきます。

 

すると、お金は淋しがり屋なので友達を連れて来てくれるので、お金が貯まりやすくなるといわれています。

 

 

巳の日の持つ意味や2018年の日程などをご紹介しました。

 

日本には他にもいろんな開運日があるため、何を信じるかは自分次第ですが、己巳の日の銭洗いは家でもできますので、試しにやってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link