秋冬に入ると、温かいニットが恋しい季節になりますね。

 

そんな折、お気に入りのセーターに虫食いの穴を発見したら、かなりショックですよね。

 

もうどうしようもないのかと途方に暮れてしまうかもしれませんが、諦めるのはまだ早いです!

 

上手に修理すれば、また着られるようになるかもしれませんよ。

 

その方法も自分で出来る簡単なものから、業者さんに依頼する方法まで様々です。

 

そこで・・・セーターの虫食いの修理方法についてご説明します。

Sponsored Link

 

セーターの虫食い・自分でできる修理方法は?

虫食いの修理方法は、実はそんなに難しくないので自分でも行うことが出来ます。

 

セーターの裏側から鍼を通して、穴の端の編み目を探します。

 

そして、反対側の編み目を拾って縫い合わせていきます。

 

小さい穴の場合は当て布なども要りません。

 

セーターの編み目に縫う方向を合わせると編み目が元に戻ります。

 

この方法を「穴がかり」といいます。

 

どこに虫食いの穴が空いていたのか分からなくなるほど、綺麗に修理できるんですよ。

 

 

大きめの穴の場合は、穴の周辺の布をつまんで折り畳み、穴を隠して縫い合わせていきます。

 

ただ、どうしても布に段差ができてしまいます。

 

気になる場合は無理に自分で行わず、修理業者に依頼することをおすすめします。

 

もちろん、全て自分で修理方法をマスターするに越したことはありませんが、とりあえず、身近な修理業者を知っているだけでも、虫食いごときで絶望することはなくなりますね。
 
ニット帽の洗濯!伸び縮みしやすい素材は?洗濯機ので脱水や干し方!
 

 

セーターの虫食い・リメイクやワッペンでカバーも!

大きめの穴が空いてしまったら、素人が元通りに修理するのは難しいかもしれません。

 

その場合は思い切ってリメイクしてしまうのも1つの手です。

 

あえて違う色の糸でリメイクしてアクセントにしたり、ワッペンなどを取り付ける方法もあります。

 

もしワッペンを利用する際は、納得の行くまで気に入ったものを選んだ方が後々後悔することもないでしょう!

 

虫食いの場所だけだとバランスが悪くなるため、全体的にリメイクしてしまうのもおすすめですよ。

 

こちらも、一旦業者に相談してからでも遅くはありませんね。

 

 

セーターの虫食い・修理はどこに依頼すればいい?

修理に出したい場合は、セーターや洋服のお直し専門店がありますので、そちらに依頼しましょう。

 

なかにはネットで注文を受け付けているところもありますので、近くにないという場合は利用してみるといいですね。

 

クリーニング店などに持って行くと、修理ができる人が店内にいらっしゃる場合もありますし、大手と呼ばれるお店には大抵、お直し専門店との繋がりがあります。

 

着物や皮製品なども別工場でクリーニングされていますし、セーターの虫食いだけでなく、ちょっとしたシャツの破れ、ファスナーの故障、高級な着物のシミなども完璧に元通りになって戻ってきますよ!
 
セーターの虫食いの原因!繊維を好む害虫の名前や種類・予防法は?
 

Sponsored Link

 

セーターの虫食い・修理の料金はどのくらい?

虫食いの穴の大きさや 素材によっても異なります。

 

修理の料金は数百円から数万円かかるなど、非常に幅広いと考えておきましょう。

 

 

また、修理の方法も業者によって様々です。

 

少し跡は残るけど安く済ませたい場合は、300円から700円で修理してくれる業者もあります。

 

逆に、丁寧に編み目を作って元通りに戻してくれる場合は、お値段もそれなりにするので、新しいセーターが買える値段になってしまうことも…。

 

思い入れのあるものなら、それでも直したいということもありますよね。

 

ただし、こればかりはあくまでも修理業者が見て初めて 料金の予測が立てられるものです。

 

見積もりを出してもらったら、 「ビックリするほど料金が安かった」ということも、決して珍しいことではありません。

 

相談するだけならタダですし、まずは諦めないことが一番ですね。

 

行きつけのクリーニング屋さんにお願いすると、見積もりを出してもらうのも依頼しやすいですよ!

Sponsored Link