スズメバチといえば強力な毒針を持っており、 「昆虫界最強」ともいわれています。

 

人間も刺されることがありますし、エサとなる虫にとっては恐ろしい存在ですよね。

 

蜂の中でも攻撃性が非常に高く、同じ蜂の仲間であるミツバチも獲物になります。

 

とはいえ、そんなスズメバチですが、私たちがあまり知らない天敵がいるんですよ!

 

今回は、そんなスズメバチの天敵についてご説明します。

Sponsored Link

 

スズメバチの天敵・オニヤンマやアブといった昆虫も!

昆虫界最強とはいっても、天敵は同じ 昆虫界にもいるんですよ!

 

その1つがトンボの一種・オニヤンマです。

トンボはなんとなくおっとりしているイメージがありますが、蜂をも襲うのです。

 

 

そして、オニヤンマは凶暴な肉食昆虫なのです。

普段はもっと小型の昆虫を餌にしますが、スズメバチも見つかってしまうと獲物にされてしまいます。

 

 

その他、昆虫ではアブの一種・ シオヤアブも天敵です。

スズメバチだけでなくオニヤンマでさえも、シオヤアブにはあっという間に捕食されてしまいます。

 

 

他にも、オオカマキリやクモにも捕食されることがありますので、絶対王者というわけではないのです。

 

 

スズメバチの天敵・ハチクマ(鷹)やカラス、ニワトリなどの鳥類も?

最大の天敵といわれているのは ハチクマです。

漢字で書くと「蜂角鷹」です。

 

タカ科の渡り鳥で、名前に蜂がついている通り蜂を主食にしていて、スズメバチの成虫を食べます。

 

また、成虫だけでなく、巣も破壊してしまいます。

巣から巣版を持ち出して子供のエサにしてしまうのです。

 

 

スズメバチもハチクマに見つかったら被害は甚大ですね。

巣の中にいてもアウトというのは逃げようがないですからね…。

 

 

なぜこれほど強力なのかというと、立派な体毛を持っているので毒針の攻撃が通じないのです。

 

 

鳥類では、他にもカラスやニワトリなど身近な鳥も天敵になります。

 

スズメバチは同じところをぐるぐると飛ぶ性質があるため、案外簡単に捕まえられてしまうそうです。
 
スズメバチに刺されたら!応急処置や症状は?
 

 

人間も天敵の1つ!

そして最後に、私たち 人間も天敵になります。

 

殺虫剤などを使ったり、業者に巣ごと駆除してもらったりしますから、ハチクマと同じくらいの存在なのかもしれませんね。

 

 

その他、食べてしまうこともあります。

蜂の子といって蜂の幼虫やさなぎを佃煮などにして食べたり、成虫を唐揚げなどにして食べたりする地域もあります。

 

 

虫を食べるというと海外のイメージがあるかもしれませんね。

でも、日本でも長野県などの山間部などでは、昔から滋養強壮のために食べられていたんですよ。

 

 

こう考えると人間が最大の天敵なのかもしれませんね。

 

そして、これほど狂暴で残酷な生き物は他にいないかもしれません。

Sponsored Link