主婦の皆さんは、炊事や洗濯などの水仕事が多く、手指の湿疹に悩む人も多いですね。

 

このように水仕事をすることが多い人に起こる症状を「主婦湿疹」といいます。

 

水泡ができたり、ひどい痒みに悩まされることもありますが、特に冬の乾燥する時期は、痛みが強くなったり、出血したりしまうこともあります。

 

そんな状態で家事を続ければ、どんどん悪化してしまうため、早めにステロイド配合の薬などで対処していきましょう。

 

そこで・・・主婦湿疹に効果のある市販薬やハンドクリームなどでの治療についてご紹介します。

Sponsored Link

 

そもそも主婦湿疹とは?症状は水泡やかゆみ?

主婦湿疹の主な原因は、皿洗いや洗濯、掃除の際に使用する洗剤とされています。

 

これらによって手指の皮脂が過剰に失われるために起こります。

 

また、冬の乾燥が悪影響したり、逆に湿潤が悪化を招くこともあります。

 

症状は利き手から現れることが多く、 「水泡」「強い痒み」「ガサガサした乾燥肌」「痛み」「出血」などに悩まされます。

 

乾燥による主婦湿疹は、皮膚のかさつき、ひび割れがひどく、痛みや痒みが強く現れることも多いです。

 

特に冬の場合、掻きむしってしまうと皮膚にひびが入りやすいため、出血してしまうことも珍しくありません。

 

また、湿潤による場合は、手指の皮膚の汗腺が詰まり、水疱などができやすくなります。

 

これが水仕事などによって刺激されると、水疱が割れて症状が広がってしまい、痒みがより一層強くなることもあります。

 

他人に移ることはありませんが、なるべく患部を狭くしておくことが主婦湿疹の完治へのポイントです。

 

 

主婦湿疹に効果のある薬・ステロイド配合のリンデロンとは?

主婦湿疹で皮膚科を受診すると、 ステロイド配合のクリームや軟膏が処方されます。

 

よく処方されるのが「リンデロン軟膏」です。

 

こちらは、ステロイドと抗生物質が配合された薬で、炎症を抑えて症状の緩和や患部が広がることを防ぐ効果があります。

 

2~3日塗布していると水泡や痒み、痛みなども和らぎますが、医師の指示通りの期間はしっかり塗り続けて、根本の炎症を抑えるようにしましょう。

 

ただし、長期間塗り過ぎると効果が薄れていくため、一定期間使用しても改善がない場合は再度皮膚科を受診しましょう。

 

Sponsored Link

 

主婦湿疹に効果のある薬・リンデロンに似た市販薬は?

皮膚科に行く時間が取れない場合は、市販薬を塗って様子を見てもよいでしょう。

 

リンデロンに成分が似た薬として、「ベトネべートN軟膏AS(第一三共ヘルスケア)」があります。

 

炎症を素早く抑えて、患部の化膿を防ぐ効果が期待できます。

 

患部にひび割れなどができている人向けの薬です。

 

ただし、市販薬のなかではステロイドの強度が高いため、一定期間利用しても効果が出ない場合、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

 

また、「メディクイック軟膏(ロート製薬)」は普通の強度のステロイドを使用している市販薬になります。

 

ただし、アンテドラッグといって効果はキープしつつ、薬の代謝を高め、皮膚吸収は最低限に抑えることができる薬です。

 

効果としてはリンデロンと似ており、主婦湿疹の痒みや痛みを抑え、炎症を鎮める効能も期待できます。

 

ワセリンなどの保湿成分も配合されているので、乾燥がひどい人におすすめです。
 
金属アレルギーの症状!原因になりやすい素材となりにくい素材は?
 

 

おすすめの市販薬やハンドクリームは?

主婦湿疹の症状が重度でなければ、弱めの市販薬で随分改善されることもあります。

 

「パスタロンM20%(サトウ製薬)」は、尿素を配合した第三種医薬品です。

 

ステロイドは配合されていませんが、尿素の働きで角質を整え、保湿することで湿疹を抑えていきます。

 

口コミでは評価が高いようなので、使用して様子を見てもよいでしょう。

 

 

「アピトベール(小林製薬)」は、漢方由来の塗り薬で、繰り返し起こる湿疹や炎症を抑える働きのある薬です。

 

肌の再生力を高める効果があるため、毎日塗布することで根本から主婦湿疹を改善してくれます。

 

こちらも、ステロイド配合ではないので、使いやすいと評判です。

 

 

「アルテナチュラル(有限会社コレグ)」は、ステロイドは使用せず、ヨモギのエキスを利用した細胞修復効果のあるクリームです。

 

赤ちゃんの湿疹にも使用できるので、安心安全の素材で作られています。

 

ハンドクリーム代わりにも利用できます。

 

 

主婦湿疹は、水仕事と乾燥の繰り返しも大敵です。

 

軽い手荒れなどが生じた場合には、ハンドクリームを塗ってケアすることで予防することも可能です。

 

また、ゴムの木の樹液に反応を示すラテックスアレルギーがない場合、ゴム手袋を着用するようにして、症状が拡大しないように気を付けましょう。

Sponsored Link