冬の鍋料理には、 柚子胡椒は欠かせない薬味ですね。

 

ただ、他の料理などにも上手に使いこなせていないと、冷蔵庫の中でずっと眠らせてしまっていることも多いですね。

 

一度に大量に使うこともないので、開封後もついつい余らせてしまいがちです。

 

薬味類は、比較的賞味期限が長いイメージがありますが、柚子胡椒の場合はどのくらい長持ちするのでしょうか?

 

そこで・・・柚子胡椒の賞味期限と保存法、上手な利用法などもご紹介します!

Sponsored Link

 

柚子胡椒の賞味期限・開封前と開封後は?

市販されている柚子胡椒の賞味期限は、メーカー等にもよりますが、大体 半年~1年くらいのことが多くなっています。

 

チューブタイプのものはパッケージの箱などに、また、瓶詰のものは瓶のふたやラベルなどに記載されています。

 

この賞味期限は開封前のものを指しており、「開封後はお早めにご使用ください」などと書かれています。

 

もちろん、開封後の賞味期限に明確な決まりはありません。

 

ただし、柚子胡椒は香りや辛味を楽しむものなので、長く保存していると風味が飛んでしまいます。

 

目安としては、開封してから1~2ヶ月以内には使い切りたいです。

 

3ヶ月程度は持つこともありますが、もし変色異臭などがあれば、食べるのはやめた方がよいでしょう。

 

Sponsored Link

 

柚子胡椒の保存・開封前と開封後は?

柚子胡椒の保存方法ですが、チューブタイプで販売されているものは、開封前であれば常温でも問題ありません。

 

瓶詰になっているものは製造方法によっても異なるため、常温でも可能なものもありますが、冷蔵保存が基本だと考えておきましょう。

 

開封後であれば、いずれも冷蔵庫に入れておく必要があります。

 

また、チューブタイプ、瓶詰タイプともに冷凍させることも可能です。

 

柚子胡椒は冷凍してもカチコチにはならず、購入してきたままの状態で冷凍庫に入れておくと、使い始めたとしてもこまめに利用することができます。

 

他の多くの食材とは異なり、風味が飛んでしまうことも少ないです。

 

小分け冷凍にする手間も不要ですので、使用頻度が少ないご家庭の場合は最初から冷凍保存をしておくこともおすすめです。

 

冷凍しておけば、開封後も2年程度まで長持ちさせることが可能です。

 

ただし、使用する時には、チューブや瓶の中に雑菌が入らないように気を付けましょう。

 

 

柚子胡椒の賞味期限が切れても使える?

柚子胡椒は一度に少量しか使用しないため、どうしても余してしまいがちですね。

 

もし、賞味期限が切れてしまったものがある場合、基本的には使用しないことをおすすめします。

 

とはいえ、柚子胡椒は塩分が強いため、腐敗するスピードはとても遅いです。

 

期限が切れていても、問題なく食べられる場合もあります。

 

変色や異臭がないかを確認して、使用するかしないか自己判断してください。

 

ただ、冷蔵保存の場合では、期限切れのものは風味が落ちてしまうため、なるべく早く使い切るのが理想です。

 

 

早めに使い切りたい時の利用法は?

もともと消費量が少ないため、ついつい余らせてしまいがちですが、早めに使い切りたい時はいろんな料理に利用してみることをおすすめします。

 

ドレッシングにしたり、お味噌汁に加えたりすると消費しやすくなります。

 

柚子胡椒とオリーブオイルをお好みの割合で混ぜてサラダにかければ、サッパリと美味しく食べることができます。

 

豚汁などに加えると風味が増して美味しくなり、ないと物足りなくなったりすることも…。

 

また、大根水菜などとの相性がいいです。

 

浅漬けを作る時に柚子胡椒を少し加えると、柚子の香りが引き立って一味違うお漬物にもなります。

 

鍋料理の薬味というイメージが強いですが、味噌やマヨネーズと混ぜてディップソースにしたり、トーストに塗っても意外とマッチします。

 

肉料理の薬味としても人気がありますので、ステーキや豚足などに添えたりするのもよいですし、おでんの薬味として辛子の代わりに使うといった利用法もあります。

 

 

柚子胡椒の賞味期限や保存方法を紹介しました。

 

なるべく長持ちさせるためには、チューブや瓶の口を清潔に保ち、雑菌の繁殖を防ぐことが何より大切です。

Sponsored Link