好きなおかずランキングをしたら、上位に入ること間違いなしの「鶏の唐揚げ」

 

自分で作ることもありますし、スーパーのお惣菜コーナーで買ってくることもありますよね。

 

最近では、鶏の唐揚げの専門店なども増えています。

 

お弁当にも人気のおかずなので、常温で置いておくことも多いと思いますが、どのくらい日持ちするものなのでしょうか…。

 

特に、蒸し暑い夏場などは気になりますよね。

 

そこで・・・鶏の唐揚げの日持ちについてご説明します。

Sponsored Link

 

鶏の唐揚げの日持ち・常温でどのくらい?

基本的に、鶏の唐揚げは油で揚げてあるので、劣化の判断が難しいおかずです。

 

酸味や苦みがあったり、異臭がしたりする場合は食べるのをやめましょう。

 

常温に置いておくのであれば、消費期限は2~3時間と短いです。

 

気温が下がれば3日ほど日持ちしますので、作り過ぎたという場合は冷蔵庫に入れておきましょう。

 

温める際は、30秒ほどレンジでチンしてから、トースター魚焼きグリルを使ってカラッとなるまで焼きましょう。

 

作りたてに近い感じで美味しくいただけますよ。

 

ただし、鶏の唐揚げに限らず、一度揚げてしまったものは油が酸化してしまうので、早めに食ベ切ってください。

 

長期保存したい場合は、冷凍しておくのがおすすめで、1ヶ月は日持ちさせることも可能です。

 

揚げたての粗熱が取れたら、すぐ冷凍するのが長持ちさせるポイントです。

 

Sponsored Link


 

お弁当に入れた鶏の唐揚げの日持ちは?特に夏場は?

お弁当の場合、大抵は常温で持ち歩くことになるため、消費期限は2~3時間ということになります。

 
これは、お弁当屋さんやコンビニで売られているものと同じくらいですね。

 

他のおかずと重なると傷みやすいので、アルミや紙のカップに入れたり、レタスなどで仕切りを作ったりすることが大切です。

 

そうすることで、多少日持ちするようになります。

 

 

気温や湿度が上がる夏場は、お弁当に入れること自体避けた方が安心です。

 

ただし、冷凍食品の鶏の唐揚げは、保存料が入っているのでお昼の2時頃までなら安全に食べられます。

 

 

また、夏場にお弁当に入れる際には、冷凍したまま入れるという手もあります。

 

保冷剤代わりになるため、他のおかずも傷みにくくなります。

 

揚げたての鶏の唐揚げを2、3個ずつラップなどでくるんで冷凍しておくと、お弁当作りにも重宝します。

 

夏場であれば自然解凍という形になるため、食べる頃には美味しくいただけますよ。

 

その他、保冷バッグを持っていれば、日持ちも随分変わってきますので、ぜひ利用するようにしてください。
 
豚の生姜焼きをジューシーに柔らかく保つコツ!
 

 

下味に漬け込んだものは冷蔵庫でどのくらい日持ちする?

では、揚げる前の段階で、醤油、お酒などの 下味に漬け込んだものは、どのくらい日持ちするのでしょうか…。

 

この場合は、鶏肉の賞味期限によって異なってきます。

 

買ってすぐに下ごしらえしたのでしたら3日ほど持ちますが、賞味期限ギリギリに仕込んだものは1日程度です。

 

長期保存したい場合は、下味に漬け込んだまま冷凍することも可能です。

 

冷凍でしたら1ヶ月ほどは日持ちますね。

 

揚げてから冷凍するよりも美味しくいただけるため、おすすめの方法ですよ!

 

 

スーパーの総菜コーナーで購入した鶏の唐揚げの消費期限は?

お総菜コーナーで鶏の唐揚げを購入した場合は、消費期限のシールが貼られていますので、その期間内に食べましょう。

 

消費期限は安心して食べられる期間を意味していますので、夕方までか、長くても1日程度のはずです。

 

いつ揚げたものなのか、シールでチェックしてから購入したほうがよいでしょう。

 

鶏の唐揚げは、やはり油が劣化して日持ちしないことがわかっていますので、自宅で作る際も食べる分だけ揚げるようにした方がよいですね。

Sponsored Link