プチプチした食感が楽しい沖縄の名産、海ぶどう

 

夏には、ポン酢などをかけてさっぱり食べられるので、お酒のおつまみに好む人も多いですね。

 

海ぶどうは、沖縄以外に住む人にとっては馴染みが少ない食材で、夏以外にはほとんど目にしません。

 

スーパーや通販などで購入しても、保存法で迷うこともあるかもしれませんね。

 

そこで・・・海ぶどうの保存方法についてご説明します!

Sponsored Link

 

海ぶどうの保存は常温が必須?適正温度は?

夏によく食べるものなので、 冷蔵庫で保存するイメージがありますよね。

 

実は、海ぶどうは常温で保存するのが必須とされています。

 

海産物ではありますが、冷蔵庫に入れるのはやってはいけないことの1つです。

 

もともと沖縄の暖かい海域で育っていますので、冷気に当てると海ぶどうは萎んでしまい、プチプチした食感が楽しめなくなってしまいます。

 

保存に関する適正温度は15~27℃くらいと高めになっています。

 

酷暑が続く真夏以外は、基本的に常温での保存で問題ないでしょう。
 

Sponsored Link

 

海ぶどうの保存方法と期間!直射日光はNG!

温度以外に気を付けたいのは直射日光です。

 

海ぶどうは直射日光が当たることで傷みやすくなり、変色などの原因になります。

 

ですので、常温保存する際も蓋のある段ボールなどに入れ、冷暗所に置いておくことが大切です。

 

 

また、環境がどんなによくても、保存期間としては1週間が限界です。

 

海ぶどうは環境の変化にも弱く、かなり繊細な食材といえます。

 

購入したら早めに食べる切ることが、美味しく食べるための最大のポイントとなります。
 
ゴーヤの保存・常温か冷蔵庫か?冷凍や乾燥も!
 

 

暑い夏は冷蔵庫での保存でもよい?

暑い夏の時期には、室温が30℃を超えることも珍しくありませんね。

 

家の中に涼しい場所を見つけられない場合は、海ぶどうを冷蔵庫で保存するしかないでしょう。

 

その場合は、パックごと新聞紙などに包んでから野菜室に入れておきましょう。

 

冷蔵室より野菜室の方が温度が5℃以上高いため、なるべく厳重にくるんでから野菜室で保存するしかありません。

 

ただし、適正温度より下がってしまえば、どうしてもプチプチした房が萎んでしまいます。

 

わずかな劣化であれば、食べる前に冷水にさらすと食感が戻ることもありますので、早めに食べ切ってしまいましょう。

 

ただし、あくまでも酷暑が続く時の応急処置として考えてくださいね。
 

 

茎ありと茎なしで保存法は変わる?冷凍できる?

海ぶどうは出荷された状態でも生きていますので、茎ありの状態の方が長持ちしやすいです。

 

ただし、基本的には茎あり、茎なしでも保存方法は変わりません。

 

大抵は房の部分のみで販売されれていますので、早めに美味しく食べてしまうのがベストです。

 

茎の部分もシャキシャキとした歯応えで人気もありますので、ぜひ一度食べてみてください。

 

 

また、海ぶどうは温度変化に敏感な食材ですので、冷凍保存には向きません。

 

解凍するとわかりますが、一番の特徴となるプチプチとした食感も失われています。

 

 

長期保存向けには、塩漬けになった海ぶどうも販売されています。

 

こちらは賞味期限が2ヶ月程あり、生のものと比べるとかなり長いです。

 

食感自体は生より劣りますが、保存性を重視して購入してみるのもおすすめです。

 

 

見た目や食感も楽しくて美味しい海ぶどう。

 

あまり日持ちを考えず、食べる日に食べる分だけ購入してくるというのがベストです。

Sponsored Link