食事やお弁当に彩りを添えてくれる ミニトマト

 

家庭菜園でも人気があり、育てている人も多いですね。

 

家庭で作ると新鮮なのは嬉しいですが、保存する時に困ることもありますよね。

 

トマト類はあまり日持ちがしないイメージがありますが、長持ちさせるにはどうすればよいのでしょうか…。

 

では、ミニトマトの保存方法についてご説明します。

Sponsored Link

 

ミニトマトの保存・常温と冷蔵のどっちが長持ち?

ミニトマトの保存に適した温度は 8~10℃です。

 

最適なのは冷蔵庫の野菜室ですね。

 

まだ青くて硬いという場合は、常温に置いて食べ頃になるまで 追熟させる必要がありますが、それ以外の場合は野菜室に入れましょう。

 

特に熟したものだと傷みが早いので、常温での保存は控えてください。

 

もちろん、冬場で気温が8~10℃くらいであれば、常温でも構いません。

 

 

ミニトマトの保存・冷蔵の方法と期間は?

冷蔵庫で保存すると 乾燥しやすいので、買ってきたパックのままだったり、収穫して袋に入れただけだったりするのはあまりおすすめできません。

 

最適な方法は、1つずつペーパータオルにくるみ、ヘタの方を下にしてタッパーやポリ袋に入れます。

 

ちょっと面倒ですが、こうすることで2週間は美味しく食べることができます。

 

 

時間がないという場合は、ヘタを取ってよく洗って水気を切り、キッチンペーパーを敷いたタッパーの中に入れる方法でもよいですね。

 

これで1週間は保存できます。

 

ミニトマトのヘタには雑菌が多いため、ヘタを取ることで繁殖が抑えられて長持ちします。

 

お弁当に入れる際も、ヘタ付きのままだとそこから腐ってしまうことがありますので、必ず取ってから入れましょう。

 

 

その他、 水に浸けておくという方法もあります。

 

ヘタを取って洗ったミニトマトを、水を張ったタッパーに浸けてそのまま冷蔵庫で保存します。

 

水を毎日取り換えるようにすると、2週間~1ヶ月ほど美味しく食べることができます。

 

濡らしたキッチンペーパーに1つ1つくるんでもよいのですが、水に浸けておく方が簡単で便利ですよね。
 
トマトジュースの効能!高血圧や便秘、花粉症にも!
 

 

ミニトマトの保存・冷凍と解凍の方法は?

ミニトマトは 冷凍保存することも可能です。

 

ヘタを取ってよく洗った後水気を切り、重ならないようにジップロックなどに入れ、空気を抜いて冷凍します。

 

1ヶ月ほどは持たせることができます。

 

 

解凍するとベチャベチャになってしまうので、半解凍にしてそのまま食べたり、煮込み料理に使ったりするのがおすすめです。

 

冷凍すると旨みが増すので、より美味しくなりますよ!

 

冷凍したミニトマトをそのまま水に浸けると、皮が簡単に剥けるようになるというメリットもあります。

 

 

長期保存の方法は、他にもドライトマトにしたり、ピクルスにしたりするという手もあります。

 

好きな方法で試してみてください。

Sponsored Link