近年注目されている 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする栄養素です。

 

したがって、生理不順や更年期障害の女性などが積極的に摂取することが推奨されています。

 

男性には関係ない話と思いがちですが、実は嬉しい効果もたくさんあります。

 

特に男性ホルモンの影響による薄毛などの対策に有効とされているため、 「侮ることなかれ!」です。

 

では、大豆イソフラボンの男性への効果や、その副作用についてご説明します!

Sponsored Link

 

大豆イソフラボンの男性への効果・美肌になる!

大豆イソフラボンには、ニキビや肌荒れを緩和する 美肌効果があるといわれています。

 

この作用は、女性より男性の方が顕著に表れるという説もあります。

 

ニキビや肌荒れは、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌に必要な成分が不足することで、皮膚のバリア機能が弱くなり発生します。

 

 

しかし、女性ホルモンのエステロゲンと分子構造が酷似する大豆イソフラボンには、これを補う力があるとされ、女性のような美肌へ近付ける効果があるのです。

 

別名 「美のホルモン」と呼ばれるエステロゲンだけに、男性ホルモンを抑制して、肌によい成分の分泌量を高めるよう促す働きがあります。

 

肌荒れは気になるけれど、美容サプリを飲んだり化粧水を付けたりするのには抵抗があるという男性でも、大豆イソフラボンを摂取するだけなら抵抗はありませんよね?

 

大豆製品は納豆や豆腐、油揚げ、豆乳、お味噌など日常的に食するものに含まれるため、積極的に摂取したいですね。

 

Sponsored Link

 

大豆イソフラボンの男性への効果・薄毛対策に!

もう1つ嬉しい効果が、 薄毛対策になるということです。

 

一定の年齢になると男性の髪の毛が薄くなることには様々な原因がありますが、男性ホルモンの分泌が増えることで起こるAGA(男性型脱毛症)という薄毛もあります。

 

遺伝も大きく関与しているため、なかなかよい対策が見当たらないですよね…。

 

しかし、大豆イソフラボンには、いわゆる「女性化」を促進する働きがあるため、男性型脱毛症などにも効果を発揮するといわれています。

 

そもそも女性ホルモンは女性にしかないと思っている人も多いかもしれませんが、もちろん男性の体内にも存在しています。

 

そして、この女性ホルモンの働きが強くなれば、当然男性ホルモンの働きが抑制されます。

 

そこで、大豆イソフラボンを摂取することで男性ホルモンを抑制する力も強くなり、薄毛の解消や緩和などの効果も高まるというわけです。

 

 

大豆イソフラボンの男性への効果・体毛が薄くなる?

男性ホルモンが多過ぎると薄毛になることはありますが、逆に 体毛は濃くなります。

 

ヒゲが伸びやすい、体毛が濃いという人は、大豆イソフラボンを定期的に摂取することで少し薄くなるということが実感できるようになります。

 

女性の中には男性のムダ毛などを嫌う人もいますので、これも嬉しい効果といえますね。

 

除毛クリームにも大豆イソフラボンを配合したものもあるくらいですので、期待できそうですね。
 
湯葉の簡単な作り方!フライパン・ホットプレート・電子レンジで
 

 

過剰摂取すると副作用で胸が大きくなる?

大豆イソフラボンは男性にも嬉しい効果がありますが、 過剰摂取するのはよくありません。

 

女性ホルモンに似た成分を多めに摂ることで、体が女性に近づいていくため筋肉がつきにくくなるという副作用があります。

 

中には胸が大きくなってきたり、性機能が衰えてしまったりという人もいますので気を付けてくださいね。

 

 

大豆イソフラボンの1日の摂取量の目安として、1日30gの大豆製品で十分だといわれています。

 

何らかの副作用が現れている場合、普段からの摂取量が多いのかもしれません。

 

30gというと納豆1パックでまかなえる量です。

 

毎日納豆を食べているのにさらに豆腐を食べたり豆乳を飲んだりすると過剰摂取になってしまいます。

 

積極的に摂取するというは、毎日適量を継続して摂るようにするという意味と考えてください。