妊婦さんや授乳中のママに必要な栄養が多く含まれているといわれているタンポポ茶

 

根を焙煎したもので独特の風味や苦みを感じるため、タンポポコーヒーと呼ばれることもあります。

 

最近は、その効果効能が注目されて、スーパーやドラッグストアでもよく見かけるようになり、手軽に飲むことができるようになりました。

 

男性にも興味を持つ人が増え、飲んでいる人が多いという噂もあります。

 

ただし、せっかく飲むのであれば、どんな作用が期待できるのかしっかり把握した上で飲みたいですね。

 

そこで・・・タンポポ茶の効果・効能について詳しくご説明します!

Sponsored Link

 

タンポポ茶の効果・効能!妊活中の対策に?

タンポポ茶は、妊婦さんや授乳中のママだけでなく、妊娠を希望する妊活中の女性にも必要な栄養素が多く含まれています。

 

含まれている主な成分として・・・

ビタミンA、B群、C、D、カリウム、カルシウム、鉄分、ルテイン
ビオラキサンチン、レシチン、コリン、イヌリン、フェノール酸

などが挙げられます。

 

タンポポ茶が妊活中の女性によいといわれる理由としては、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌を促進する効能があるためです。

 

エストロゲンは卵胞を成熟させたり子宮内膜を厚くしたりと、妊娠しやすい環境を整えてくれるのです。

 

月経不順などの、不妊の原因を改善してくれる効果も期待できるため、そのような状況化に置かれている人の注目を浴び、多くの女性が飲んでいるといわれています。
 
グァバ茶の効果効能!血圧・血糖・便秘・美肌・アトピー・ダイエットに!
 

 

タンポポ茶の効果・効能!育児中の母乳に影響?

母乳育児を希望するママさんは多いですが、実際に赤ちゃんが生まれてすぐは、なかなか出ないことも珍しくありません。

 

そんな悩みを改善してくれるのが、タンポポ茶です。

 

タンポポ茶には、毛細血管を拡張させて血行を促進する効果があります。

 

母乳は血液から作られるので、母乳の分泌を促すには血流を良くする必要があるのです。

 

 

また、独特の苦みはタラキサシンという成分によるものですが、これは血液を浄化して赤ちゃんにとって美味しい母乳を作ってくれる働きがあります。

 

また、タンポポ茶は乳腺炎にも効能があり、予防にも繋がるともいわれています。

 

鉄分も豊富に含まれているため、母乳育児中のママの飲み物として人気が高まっています。

 

Sponsored Link

 

タンポポ茶の効果・効能!更年期障害の緩和に?

タンポポ茶にはエストロゲンの分泌を促す効果があるため、更年期障害の緩和にも効能を示します。

 

エステロゲンが減少することによるホルモンバランスの乱れは・・・

「体の冷え」「手足のしびれ」「むくみ」
「イライラ」「多汗」「肩こり」「腰痛」
「動悸」「めまい」「立ちくらみ」「不眠」

といった様々な不調が起こります。

 

こうした不調は、自律神経の働きにも複雑に絡み合っており、ホルモンバランスの急激な乱れを解消することで、様々なトラブルを一度に改善する効果も期待できます。

 

特に、タンポポ茶に含まれるカリウムには利尿作用があり、体内の老廃物を体外へ排出する働きがあります。

 

これがむくみ冷えといったトラブルを解消して、体の血行を良くする働きがあるため、更年期障害から来る様々不快感から解放されるといわれています。

 

タンポポ茶の他にも、大豆イソフラボンにもエステロゲンに似た構造や働きをする成分が含まれるため、大豆製品も同時に取り入れるようにするとさらに効果的です。
 
タンポポの名前の由来と花言葉!
 

 

タンポポ茶の男性への効果・効能は?

タンポポ茶といえば、女性に嬉しい効能が多い飲み物ですが、男性が飲んでも様々なメリットがあるようです。

 

レシチンには、集中力を高める効果があるため、仕事や勉強のパフォーマンスアップに繋がります。

 

また、コリンには悪玉コレステロールを抑制したり、高血圧を予防する働きもあります。

 

これにより、肥満をはじめとする生活習慣病に悩む男性にもよい効果が期待できそうですね。

 

さらに、薄毛に悩む男性にも注目されています。

 

タンポポ茶には育毛や発毛を促進する作用があるということが最近の研究でわかってきています。

 

女性だけでなく男性にも優れた効能があるため、ぜひ飲んでいただきたいですね。

 

 

独特の味わいで苦手な人もいるようですが、ちょっと薄めに入れたり、濃く入れて ミルクで割ったりすると飲みやすくなります。

 

一定期間続けてみて、その実力を体感してみるのもよいでしょう!

Sponsored Link