サラダを食べようとドレッシングを出したら「賞味期限が切れていた!」ということはありませんか?

 

様々な味の種類や、オイル・ノンオイルなど複数用意しているケースではなかなか把握できませんよね。

 

ほとんど使っていなかったり、未開封のものだったりすると、捨ててしまうのも勿体ない感じがします。

 

期限が切れていたものはもう使えないのでしょうか?

 

また、手作りの場合は、すぐにダメになってしまいそうですね。

 

そこで・・・ドレッシングの賞味期限についてご説明します。

Sponsored Link

 

ドレッシングの賞味期限・未開封と開封後は?

そもそも、ドレッシングの賞味期限はどのくらいなのでしょうか…。

 

未開封の場合は、大抵のものは製造から1年くらいです。

 

もちろん、商品ごとに多少は変わってきますので、ラベルの賞味期限はしっかり確認してくださいね。

 

開封後は1ヶ月程度で使い切りましょう。

 

開封した日付を書いておくと分かりやすいですね。

 

 

ドレッシングの材料になっている油は光に弱い性質があります。

 

開封後は冷蔵庫で保存することが多いと思いますが、未開封のものは直射日光の当たらない場所で保管してください。

 

基本的には未開封のものは常温、開封後であれば冷蔵庫での保存がおすすめです。

 

冷凍すると分離する可能性があるので、おすすめできません。
 
濃口醤油と薄口醤油の違い!色の濃さ・塩分濃度・使い分け・代用は?
 

 

ドレッシングの賞味期限・オイルとノンオイルで差がある?

油を使用していないノンオイルドレッシングは、賞味期限が比較的短いことが多いです。

 

オイルタイプの場合3ヶ月~1年ほど、ノンオイルタイプは1ヶ月~5ヶ月程度です。

 

かなり幅はありますが、ヘルシーなノンオイルドレッシングを利用している場合は、あまり日持ちしないと覚えておきましょう。

 

開封後は、どちらも1ヶ月以内に食べきるようにするのは同じです。

 

Sponsored Link

 

ドレッシングの賞味期限・半年切れても使える?

賞味期限というのは美味しく食べられる期限を意味します。

 

切れたら健康を害する恐れのある「消費期限」とは異なります。

 

ですから、ラベルの期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

 

ドレッシングの消費期限の設定は特にされていませんが、目安としては賞味期限の1.3~1.5倍といわれています。

 

賞味期限が1年だとすると、15~18ヶ月は食べても問題ないのではないでしょうか…。

 

期限が切れてから3ヶ月~半年くらいですね。

 

 

とはいえ、3ヶ月までは絶対に大丈夫とも言い切れません。

 

作り方などにもよりますので、状態を確認しながら食べるようにしてくださいね。
 
マヨネーズの賞味期限!開封前と開封後!保存に適した温度や場所は?
 

 

ドレッシングの賞味期限・手作りの場合は?

手作りの場合は、防腐剤が入っていなかったり、空気に触れている時間も長いため、極端に日持ちしなくなります。

 

風味も変わりやすいので、使う分だけ作って使い切るのがおすすめです。

 

玉ねぎやにんじんなど野菜を使っている場合、特に早めに食べ切るのがおすすめです。

 

余ってしまった場合は冷蔵庫で保存し、1~2日で使い切るようにしてください。

Sponsored Link