お正月のおせち料理にも含まれる「ごまめ」「田作り」

 

ただ、この2つの料理はとても似ていますが、まったく同じものなのでしょうか?

 

いえ、実は違いがあるといわれています。

 

毎年、必ずといっていい程食べているけど、知らないという人も多いのではないでしょうか…。

 

また、魚を使っている料理なのに、変わった名前をしているのも気になりますよね。

 

そこで・・・ごまめと田作りの違いや、名前の意味と由来、簡単な作り方をご紹介します!

Sponsored Link

 

ごまめと田作りの違いとは?

ごまめと田作りは、どちらも小魚(カタクチイワシの幼魚)を原料にした日本の伝統料理です。

 

つまり、使用する魚の名前はどちらも違いはありません

 

おせちでは重箱の一段目に詰められ、健康、豊作、子孫繁栄などの意味が込められています。

 

全国でも食べられていますが、主に関東でよく食べられています。

 

どちらも基本的には同じものだといわれることが多いですが、元々は 「ごまめの方がやや小さいもの」を指すという違いがあります。

 

ごまめの方が歴史が長く、戦国時代の半ば頃からあった料理名です。

 

それに対して、田作りは 江戸時代の初期ぐらいに料理名として誕生しています。

 

同じ料理だった可能性も高いですが、名前のついた時期には違いがあります。

 

 

ごまめと田作り・名前の意味と由来は?

田作りという名前は、文字通り、田畑を作る際の「高級肥料」だったことに由来しています。

 

田んぼや畑の肥料として、小魚が使われていたこともビックリですね。

 

イワシが大量だった年に田んぼに埋めて処理したところ、その年のお米が豊作だったことがあったそうです。

 

それ以来「田作り」と呼ばれるようになり、豊作を願って食べる縁起物の料理になっています。

 

また、料理名としてではなく、乾燥したカタクチイワシそのものを意味することもあります。

 

 

一方のごまめは、 「こまむれ(細群れ)」を略したものです。

 

昔は「こまめ」と呼ばれていました。

 

この名前からも、なんとなく「小さい魚」を指しているというのがわかりますね。

 

その他、「体が丈夫」という意味の「まめ」を丁寧にいうために、「御(ご)」を付けて「ごまめ」と呼んだという説もあります。

 

「こまむれ」の説とはまったく違いますが、どちらが本当なのか真相はわかっていません。

 

地方によっても名前も、その由来も異なっていた可能性もあるようです。

 

現在では、田植えの肥料や豊作祈願の祝い肴に使用されることから、「五万米」「五真米」と表記されることもありますが、これは後付けの当て字とされています。

 

Sponsored Link


 

ごまめと田作りの作り方!はらわたは取るべき?

今では、ごまめも田作りもほぼ同じものとして扱われていますが、作り方はとても簡単なので、家で作ることもできます。

 

小魚ですので「はらわた」などを取る必要はなく、そのまま使った方が味わいもよくなります。

 

まず、乾燥させた小魚を乾煎りし、少し冷ましておきます。

 

あとは、砂糖、醬油、みりんを煮詰めた液に赤トウガラシを少量加えて、一緒に絡めれば完成です。

 

ごまめや田作りには、ゴマやクルミなどを混ぜることもありますね。

 

乾煎りする代わりに、耐熱皿にキッチンペーパーを敷き、上に重ならないように小魚を並べて レンジで加熱してもOKです。

 

家庭で作る場合は、乾燥したものを買ってきて作るほうが多いかもしれませんね。

 

 

ちなみに、煮干しにも似ていますが、煮干しは塩茹でしてから干すので、製法に少し違いがあります。

 

また、苦味がアクが気になる場合、はらわたを取ることもありますね。
 
鮭(サケ)・シャケ・サーモンの違い!本当は鱒(マス)だった!?
 

 

ごまめと田作り・カロリーは?

ごまめ(田作り)は砂糖やみりんなどを大量に使用しているので、結構カロリーが高いです。

 

100gあたり336kcalほどです。

 

一度に100g食べる人は少ないと思いますが、ついつい止まらなくなるため、食べ過ぎには注意してください。

 

大体1人前は30gほどなので100kcal前後になります。

 

1人前ならそれほど気にするほどでもないですね。

 

 

ごまめと田作りの違いや、名前の由来などをご紹介しました。

 

カルシウムやカリウムもしっかり摂れるので、お正月だけでなく常備食にするとよさそうです。

 

お子様の骨を強くするのにも役立ちますよ!

Sponsored Link